ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 24日

愛宕神社の前の魚屋は当たり?

b0336398_13473574.jpg

愛宕神社の出世階段86段を登り、お参りをしてくる。この階段は、流石に脚に来る。
b0336398_13475248.jpg

この愛宕神社の正面にあるのが、『然』
夜は高そうな雰囲気だけだ、ランチだから入ってみる。
店内は、カウンターを囲むよにテーブル席が6個程。奥には座敷もあり結構広い。店構え、店内の雰囲気ともに、魚が旨いと訴えている。
b0336398_13492896.jpg

あこう鯛の塩焼きが品切れのため、さば塩焼きを頼む。
御飯と味噌汁、サラダの定番ランチセットとともに登場。
さばは、脂が乗っているし、塩加減もちょうどいい。日本人の平均的な昼ご飯みっていう感じ。御飯もいいお米を使ってる感じはする。
b0336398_13492960.jpg

しかし、食べながら感じたのは、鯖の塩焼きってどこで食べてもこの位の味がする。とりたててこの鯖が旨いとは思えない。もちろん美味しいのではあるが、それは鯖の成果ではと思ってしまう。

美味しいが普通の鯖の塩焼きで1050円は?確かに立地もいいし、東京のど真ん中だからなあとは思いながら、鯖の塩焼きたがらなあとも思う。
重ね重ねもあこう鯛の品切れが惜しい。

会計1050円
⭐️⭐️

by korekaratozan | 2014-09-24 13:48 | 和食 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ktomita.exblog.jp/tb/23439126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 飯田橋の麺屋一楽は一番か?      宇都宮でポークジンジャー? >>