ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 20日

生姜ブーム発祥の新百合ケ丘

b0336398_1553947.jpg

新百合ケ丘に3店舗ある生姜専門店。『しょうがや』店名もそのままだが、22年前から営業しているしょうが名門店だ。
11時30分開店だが、11時から10人以上並んでいる。全員アラフォーの女性だ。
b0336398_15531037.jpg

名前を書いて並んで、ギリギリ第一ロットに間に合った。
店内は20人くらいの小さい店。
b0336398_15531183.jpg

開店と同時に一斉に入ったので、ざわざわしている。メニューはすべて生姜絡みメニュー。本日のランチは、メイン1品、小鉢2品を選べる。
b0336398_15531259.jpg

メインは名物の煮立てのトンキコ、小鉢は 厚揚、大根、生姜鯖煮とズワイガニの生姜あんかけを選ぶ。
トンキコとは豚のトンとオーナーのトキコさんのキコを合わせた造語である。
軟骨を煮込んだ料理に期待ができる。
b0336398_155314100.jpg

この店は、同じビルにある業態が若干違う2店舗とともに、オーナーが、森島土起子さんである。
森島さんは、生姜レシピの本を22万部発行しており、生姜界のカリスマだ。
生姜ブームが起こる前から、このお店はあったんですね と安易な質問をすると、【生姜ブームを作ったのは、私です】と言いきられてしまってた。60歳だそうだが綺麗でシャキッとしている。
サラダと飲み物が各自で取れるが、皆さん開店と同時に入ったため、サラダ飲み物を取る人で溢れかえっており、ちょっとした立食パーティーの様だ。
b0336398_15531736.jpg

サラダを食べてると、10分程でランチ登場。
b0336398_15532017.jpg

まずは、噂のトンキコから食べる。豚の角煮の10倍位のコクがある豚肉の旨味が口に広がる。後からほんのり生姜の味がついてくる。口の中でトロトロに溶ける食感だ。コクがあるのは、軟骨を煮込んだせいなのか、こんなにコクと生姜の風味が効いている煮立みは、初めてたべた?
b0336398_1553217.jpg

鯖もズワイガニも生姜の風味はしっかりしている。ただし、どの料理も生姜は脇役に徹していて、素材の味を生かしている。生姜を使っていても、生姜味になっていなく、どの料理も生姜を上手く使っている。さすがに、生姜ブームを作ったカリスマのオーナーの店だ。

会計 1080円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-20 15:54 | 和食 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ktomita.exblog.jp/tb/23903062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 神田志の多寿司でのり巻き      新宿御苑でカフェランチ >>