ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 26日

見番横丁の料亭みたいなお店でランチ

b0336398_8302081.jpg

神楽坂にも色々な通りがあるが、見番横丁(けんばん)には、個性的な飲食店がならんでいる。見番とは芸者の手配や稽古を行う店で、この辺りには見番が並んでたことから名付けられたらしい。
その中で店を構える料亭っぽい店『久露葉亭』。
b0336398_8302186.jpg

無茶苦茶高そうな店だが、外のメニューを見るとそうでもない。
b0336398_8302239.jpg

個室に仕切られた1階から2階の大広間に通される。
b0336398_8302263.jpg

この広間だけで30人位入れそうだ。
ランチメニューは4種類ある。
一番安いせいろ蒸し御前におばんざい食べ放題を追加する。
b0336398_8302344.jpg

この大広間には、年代を感じさせる襖絵がある。神楽坂襖絵大蛇絵らしい。
神楽絵師 山藤孝晢氏が描いたものだと書いてある。
b0336398_8302355.jpg

おばんざいは下の部屋に取りに行くシステム。
b0336398_8302414.jpg

個室に日本古来のおかずが並んでいる。
おでん、ひじき、煮物、サラダが綺麗に並んでる。
b0336398_8302545.jpg

一通りのおばんざいを取って2階に戻る。おばんざいは、それぞれが違う味付けになってる。煮物も別々に煮てる。
b0336398_8302569.jpg

おばんざいを食べてるとせいろ蒸し御前登場。
b0336398_8302610.jpg

豚のせいろ蒸しは、2種類のタレが付いてくる。このタレをつけなくても、豚の味と程よく柔らかく蒸されているので、美味しく食べられる。ご飯はしっかりと味のついた炊き込みご飯だ。
b0336398_8302752.jpg

おばんざいとこの蒸し豚でおかずの種類ボリュームとも十分だ。
味覚も食感ともにそれぞれが違うから、食べてて飽きがこない。
昔ながらの神楽坂の雰囲気のある和室で、手の込んだ和食のランチに満足である。

会計 せいろ蒸し御前 1000円
おばんざい 300円

評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-04-26 15:46 | 和食 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ktomita.exblog.jp/tb/24409479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 目黒割烹ランチ      渋谷のオープンテラスでパスタ >>