ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:和食( 65 )


2015年 03月 03日

進化した吉池食堂

b0336398_1653698.jpg
吉池食堂といえば、御徒町のレトロなデパートの食堂という絶対的なイメージがあったが、2014年の春に全面改装し、売り場はほとんどUNIQLOやユザワヤに変わった。もともと吉池の強かった食品だけが3フロアだけ残っている。
当時の吉池の写真をネットで見てみると
アメ横にある生活密着百貨店というイメージだ。
b0336398_1615051.jpg

今の吉池はこのまま青山に持っていっても違和感のないビルだ。
b0336398_1615293.jpg

こうも様変わりした吉池だが、食堂は顕在だ。レストラン街は8階、9階にあるのだが、吉池食堂は9階をワンフロア使っている。
b0336398_1615422.jpg

店内はかなり広そうだ。
メニューは入り口にサンプルが並んでいる。この辺の気配りはデパートのお好み食堂の配慮だ。
b0336398_16159100.jpg

中にはいると、想像通り広い。全部で400人位入れそうだ。
b0336398_1652994.jpg

寿司カウンターもバーカウンターもある。
吉池マーク入りの升のタワーも格好いい。
b0336398_1653950.jpg

一つの食堂に複数の食堂がはいってるみたいだ。
b0336398_1653428.jpg

通されたのは、奥のテーブルフロア。
50人位がお食事をしていたが、広いフロアなので閑散と感じる。お客様の年代はやはり高齢なお客様が多い。
b0336398_1653631.jpg

メニューをよく見ると、吉池食堂の中には、洋食の放心亭、和食の池田屋、寿司のしゅんと3つの店舗が入っていることになっている。ただ同じ席で3つのメニューが食べられるので、お客さんには全く関係ない。
b0336398_1653698.jpg

メニューの数は多い。ざっと数えても100種類はある。刺身、寿司、フライ、ハンバーグ、シチュー、カレー、蕎麦、ラーメン、チャーハンと分野も幅広い。
お好み握り寿司もあれば、酒の肴もある。これだけのラインナップが揃っている食堂は珍しい。
お年寄りから小さいお子様まで、それぞれの好みにあった食事がとれるお好み食堂だ。
b0336398_165375.jpg

これだけの選択肢の中から選んだのが、
ハンバーグと吉池コロッケセット
子供の様なメニュー選択だ。
b0336398_1663964.jpg

定食登場。内装は新しくなっても内容は昔と変わらない。レトロ感が漂う定食だ。
吉池コロッケから食べる。
中身はポテトコロッケだ。完全に潰されたジャガイモマシューポテトを揚げた様な感じだ。
b0336398_1664334.jpg

熱々なコロッケだし、カラッと揚がっている。ただし深みのある味ではない。
ハンバーグも同様。合挽きらしい挽肉で作られたハンバーグも食べやすい。デミグラスソースの味もしつこくないので、年配者にも食べやすい味付けだ。
b0336398_1665082.jpg

コロッケもハンバーグのレシピも改装以前と変わっていないだろう。
この味を食べたいお客さんが、この店を訪れてるのだろう。
内装は新しくなってテナントも若い人向けに入れ替わったが、吉池食堂のレトロな味は変わっていない。

会計 1280円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-03 16:22 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 25日

前沢牛の極上ステーキランチ

b0336398_20172494.jpg

岩手一関でランチ。
平泉中尊寺が世界遺産に認定されたことで有名な街だが、前沢牛も有名だ。
前沢牛の名店と言えば、お肉屋さんであり牧場でありレストランも経営していはるオガタ 。
地元の人も前沢牛と言えばオガタが一番と言う。
そのオガタが経営している『味心』はオガタの2階にある。
b0336398_20172473.jpg

お店は座敷とテーブルで50席程度だが、どの席にも鉄板が装備されている。
b0336398_20172552.jpg

メニューは焼肉かステーキかもちろんランチだからハンバーグやカレーもある。
どうせたがら前沢牛サーロインステーキを食べたい。ただ高い。ハーフでも4769円もする。
b0336398_20172615.jpg

ランチはどんなに高くても2000円は絶対に越えないというポリシーにそぐわない。でもここで前沢牛のステーキを食べなければ一生食べられない。
この葛藤で迷うこと5分。ランチポリシーは今日はお休みしてステーキにした。
当然ハーフだが。
店内にはいかにオガタグループがすごいのかをひけらかすかの様にカップやトロフィーが並んでいる。
b0336398_20172640.jpg

当然有名人のサイン色紙も多数ある。
b0336398_20172728.jpg

待つこと5分ほどでサーロインステーキ登場。
ステーキと言っても自分て焼くスタイルだ。
b0336398_20172835.jpg

お肉が美しい。食べる前からこの綺麗な赤と白のコントラストに惹きつけられてしまう。
b0336398_20172996.jpg

このステーキを食べるソース、岩塩、山葵醤油と4切れのステーキには多すぎる選択肢がある。
鉄板が温まってきてから焼く。
b0336398_20173189.jpg

当然のことながらかなりレアの状態で食べる。
牛肉と大トロのいいところを全てとったような味。この味覚を表現できるボキャブラリーを備えていない。
ただあまりに美味しいので、思わず4切れを食べてしまいデリシャスショットを撮るのを忘れてしまった。
今までデリシャスショットを撮り忘れれたことは1度もなかったが、このステーキはそれすら忘れさせる美味しさだ。
一切れ1000円近くするステーキなのだから美味しいのは当然かもしれないが、問答無用に美味しいランチであった。

評価 ☆☆☆☆
会計 4769円

by korekaratozan | 2015-02-25 20:18 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 24日

仙台の牛タンの銘店でランチ

b0336398_23541011.jpg

仙台と言えば牛タン。ただ近頃はチェーン店も多くて、どの店が美味しいのかまったくわからない。ネットを信用している訳ではないが、ネット絶賛されていたのが『一降』イチリュウと読む。
b0336398_23541055.jpg

牛たん店は仙台には結構ある。ほとんどがチェーン店だが、個店もいくつかある。ここの主人は、仙台牛タンの元祖の多助で修行をしていた本格的な経歴だ。
b0336398_23541174.jpg

店内はカウンターとテーブルで10席位と狭い。メニューは牛タン中心。当然だ。
b0336398_23541275.jpg

牛タン焼き定食の1.5倍をお願いする。店内には、有名人の色紙が所狭しと飾ってある。その上に水牛の角?らしきものも飾ってある。水牛のタンもだしてるの?
と聞くと、【それは、牛タン屋っぽい雰囲気作りのためですよ】と簡単にかわされてしまった。
b0336398_23541358.jpg

待つこと5分位でランチ登場。
b0336398_23541468.jpg

まず牛タン焼きから食べる。
タンは厚い。1cm位ありそう。
隠し包丁が入っているので食べやすいが、しっかりとした食感だ。噛む度に牛タンから肉汁が出てくる。このタン味の肉汁とタレの味が絶妙に混ざり合い、ご飯のおかずには最高の味覚を構築している。丼の麦ごはんは直ぐに食べてしまう。
b0336398_23541532.jpg

テールスープも味がしっかりとついてる。お肉はトロけるぐらい煮込んである。スープは肉汁が全て閉じ込められていて、牛タン焼きともよくあう。
b0336398_23541698.jpg

1.5倍にしたせいか、牛タンのボリュームも多く、と言って飽きることなく食べられた。仙台の他の牛タンとの比較はよくわからないが、ここの牛タンは確かに美味しい。仙台で牛タンを食べた甲斐があった。

会計 1430円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-24 23:55 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 23日

飯田橋の刺身定食 湊屋

b0336398_1319438.jpg

飯田橋東口のの、そばにある『湊屋』
外の看板に、大きな鮟鱇?の骨が飾ってる。
b0336398_1319583.jpg

魚、刺身のメニューが外に貼り出されていて美味しそう。まだ12時前なのに、店内はほぼ満員。
b0336398_1319615.jpg

縦に長いお店で、60人位は入れそう。
中二階もあり、江戸調の内装だ。
夜も期待できそうなお店かもしれない。
b0336398_1319781.jpg

刺身の種類が多そうなので、おまかせ刺身盛り合わせ定食を頼んでみる。
満員だからか、刺身でも10分ほど待つ。
b0336398_1319895.jpg

b0336398_1319813.jpg

メニューに書いてある通り、刺身の種類が豊富。9種類が2から3切れづつ入ってる。
鮪もカツオも新鮮な味わいだ。寒ブリも脂がのっているし、タコやしめ鯖の仕上がりもいい。
b0336398_1319984.jpg

今まで食べた刺身定食は、3種類程度の刺身が3切れほどという店が多かったが、ここの刺身定食は刺身の種類が多い分飽きがこない。
どの刺身も新鮮で美味しい。
普通刺身定食にはないみる貝も入ってる。これだけ種類が多くて、鮮度のいい
刺身定食はランチでは初めて、食べたかもしれない。
12時前から混んでる理由はここにあるのだと納得した。

会計 1000円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-23 13:20 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 11日

木更津アウトレットでわっぱ飯

b0336398_1221134.jpg

木更津アウトレットでランチ。フードコートも人気店が続出してる。
松戸富田製麺や天丼の金子半之助は大行列の人気。他にも浅草今半や梅蘭などのチェーン店も乱立している。
b0336398_12211424.jpg


店内は広いフードコートで、何席あるか検討もつかない。軽く500人位ははいれそう。
b0336398_1221641.jpg

最初天丼の金子半之助に並んだが、1時間近く並びそうなので断念。
空いていて、チェーン店舗以外の店を探して見つけたのが、『わっぱ茶屋 かわな』。房総の鮮魚わっぱ店だ。
b0336398_1221780.jpg

この店は並んでいない。わっぱ飯だから、作るのには少し時間はかかりそうだ。
b0336398_122193.jpg

海鮮系より気になったのが、金ちゃんのあさり飯 あさり飯はなかなか食べられない。サイドオーダーで茶碗蒸しも頼む。
フードコート特有の前会計呼出システム。今や世の中にないポケベルを持たせられる。
b0336398_1221965.jpg

ポケベルを睨みながら、席で待つ。このシステムは、もしこのポケベルのバッテリーが上がってたら一生呼び出されない、と毎回不安になる。
待つこと10分で、無事呼び出される。
b0336398_12211085.jpg

あさりがギッシリとまでは言えないが、まあまあ敷き詰められてる。
あさり飯から食べる。
あさりの味がご飯にもしっかり染み込んでいる。薄味で食べやすい。海苔が風味に変化をつけてくれるので、飽きずに食べられる。
b0336398_12211084.jpg

あさりも見た目より入っている。
ご飯一口には1個のあさりが入る感じだ。あさりの味というより、風味と食感を楽しめる。
サイドオーダーで頼んだ茶碗蒸しは、コンビニ以上、日本料理店以下。
ファミレスレベルの茶碗蒸しだった。
b0336398_12211124.jpg

何もこんな茶碗蒸し出さなくてもいいのに、と思ったが、こうやって頼んでしまう人がいるからメニューから消えないのだろう。
空いてるからとんでもないかと、少し心配だったが、値段以上の価値はあるわっぱ飯だった。
テレビの紹介の仕方一つで、この店のあさりわっぱも大ブレークする可能性もある。

会計 わっぱ飯 780円
茶碗蒸し 300円

評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-11 12:26 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 08日

品川港南口イースト

b0336398_15245220.jpg

雨模様の品川。ビルの中にある飲食店にはいる。『美食米門』は都内で4店舗程ある居酒屋だ。(まいもん)と読むそうだ。夜がメインの居酒屋だがランチもやっている。
b0336398_1524536.jpg

店内は広い。入り口に丸いカウンターがあり150席ほどある大型店だ。
b0336398_15245446.jpg

ランチメニューは全部で6個ある。
魚、鶏、豚、牛と選択肢も幅広い。
b0336398_15245585.jpg

ふわとろに惹かれてふわとろ豚の角煮御膳を頼む。
雨のせいか店内は暗く、飲みに来ているような雰囲気だ。
たかそうなシャンパンが並んでいる。
b0336398_15245646.jpg

一番大きいのはいくら?と開ける気もないけど聞いてみると、【さあ あれは飾りですからねえ】とあっさりかわされる。
5分ほどでふわとろ豚の角煮御膳登場
b0336398_15245735.jpg

角煮から箸を通す。
すっとと箸が通る感触を期待していたけど切れない。箸を駆使してようやく分断する。
この角煮のどこがふわとろなんだ!
こんなに硬い角煮は生まれて初めて食べたかもしれない。
b0336398_15245847.jpg

味付けも濃い味付けだが中まで浸透していないため、内側は味がしない。
箸で切れない位だから、当然口の中でも簡単には噛み切れない。
ガムを食べてる様な角煮だ。
ふあふあな所は全然なく、一切とろけていない角煮にふあとろとネーミングはやめてもらいたい。

会計 1000円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2015-02-08 15:25 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 05日

神楽坂で京町ランチ

b0336398_13275557.jpg

雪のちらつく神楽坂で、地下鉄の出口をでて、なるべく歩かない様に、最初の路地を曲がったところにある『神楽小町』。
店前にはランチ大アピール看板がある。
b0336398_14194993.jpg

野菜や日本酒、ワインが店前にはモチーフしてあって美味しそう。
b0336398_13275647.jpg

お店は縦に京都風な古風な2階建だ。
b0336398_13275799.jpg

1階は長いカウンターと、2人席が3つ位。2階は行ってないが結構広そう。
b0336398_13275863.jpg

お客様は女性の一人客も結構いる。
京都でぶらりと入った店だと思えば、十分思える。
メニューは鶏、魚、豚の週替わりの他に、ハンバーグとハラミがある。
b0336398_1327599.jpg

ハラミとハンバーグは迷ったが、10食限定のコピーに惹かれてハラミグリル御膳にする。
この店の雰囲気はもろに日本酒だが、ワインも美味しいらしい。夜にカウンターで飲みたい店だ。
待つこと5分でグリルランチ登場。
b0336398_13275947.jpg

鉄のお皿からハラミがジュージューと、音を立ててる。
ハラミから食べる。柔らかくてジューシー。ハラミだから脂が少なくいい肉感だ。
b0336398_1328048.jpg

サラダのドレッシングは自家製のオニオンベースなのか、酸味が強くないがあっさりしている。御飯は玄米御飯だ。
ボリュームはしっかりとあるが、内容はヘルシーだ。ハラミの量も十分あるので
玄米御飯も最後まで肉をおかずに、食べられた。
競走激化な神楽坂のランチのクオリティの高さを再認識した。

会計 1000円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-05 13:30 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 04日

飯田橋で広島とりかつ

b0336398_13132168.jpg

飯田橋にある名画座ギンレイの路地横にある『とりしん』よるはサムギョプサルが有名な店らしい。ランチ始めましたの看板に惹かれる。
b0336398_1313221.jpg

いつから始めたのからしらないけど、鳥専門店のランチを食べに入ってみる。
b0336398_13132281.jpg

店内は広い。70席から80席くらいある典型的な居酒屋の造りだ。
b0336398_13132321.jpg

メニューは4種類。
広島とりかつだけは、食べたことがないと言うより想像がつかない。
b0336398_13132460.jpg

謎の広島とりかつをたのむ。
店内のお客さんはほとんどサラリーマン、典型的なオフィス街にあるランチ店だ。
待つこと10分ほどで広島とりかつ登場。
b0336398_13132479.jpg

来た途端驚く。キャベツが巨大な山盛りだ。キャベツの上に、ソース、マヨネーズ、鰹節かわ乗ってる。
広島とりかつの広島は、広島風お好み焼きの広島だったのかと判明。
b0336398_13132555.jpg

先ずはキャベツから、と言うよりキャベツを食べないとカツが出てこない。
味は当然キャベツ味なのだが、焼いていないお好み焼きの様な味覚だ。大量のキャベツを片付けて、やっととりかつが出てくる。
b0336398_13132627.jpg

鶏肉は厚いけど、ジューシーに揚がっている。中に目玉焼きも入っている。
お好み焼きっぽくはないけど、この大量キャベツと、とりかつはいい組み合わせだ。キャベツもソースだけの味ではないので、飽きがこない。とりかつも単体でと美味しいが、このキャベツと一緒に食べると味に変化がついて美味しく感じる。
普段こんなにキャベツを食べる機会は、なかなかないのでいい機会だった。
キャベツでボリューム感もあり、健康的なランチであった。
会計 850円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-04 13:14 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 03日

飯田橋わがんは?

b0336398_12331724.jpg

飯田橋東口の周りはチェーン店が乱立している。小諸そばと松屋の間の2階にある『わがん』はここと神保町の2店舗で頑張ってる。
b0336398_1233174.jpg

2階の店をPRするためかわデカイ看板が、2階にはあるのだが、下を歩く人は気づかない。
b0336398_12331830.jpg

狭い階段を上がると、細長いお店に到着。自動販売機の前会計システムだ。
b0336398_12331823.jpg

本日のお魚定食はブリの照焼きだとのことなので、お魚定食を頼む。
お店は細長く25人ほど座れる。奥に個室もある。この店は昼も夜も定食がメインの本格的定食屋だ。
b0336398_12331994.jpg

宴会もなさそうだけど、個室があるのは少し違和感がある。ランチミーティング用なのか。
待つこと10分ほどでお魚定食登場。と
b0336398_12331929.jpg

ブリが小さい。付け合わせもしょぼい。
ナメタケと沢庵の千切りが申し訳なさそうについてる。
ブリからたべる。温いけど熱くはない。
味は一般的な味だが、中身はジューシー感もなくパサパサしている。
b0336398_12332093.jpg

当然そんなことはないのだろうが、昨日の残りを電子レンジで温めたみたいな出来映えだ。
ご飯も炊きたてとは程遠く、熱くはないしパサパサしている。
定食屋の命はご飯であるはずだが、このご飯は決して美味しいご飯とは言えない。おかずもご飯も社員食堂で出してるみたいなクオリティだが値段だけは、社員食堂の倍はする。
このランチを美味しいと思って食べてる人がいるのか疑問に思うランチであった。

会計 740円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2015-02-03 12:35 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 29日

新木場食堂でディープなランチ

b0336398_18185640.jpg

新木場駅を降りて、高架下のチェーン店を通りすぎると構えているのが『新木場食堂丸惣』。
b0336398_18185778.jpg

食べたいお惣菜をおぼんに載せて、会計する方式の定食屋さんだ。
入口にシステムの説明が一言で書いてある。
b0336398_18185731.jpg

食べたいものをおぼんに載せてください。という簡単な仕組みだ。
店内の総菜の種類はすごく多い。
入って直ぐにある刺身から、サラダ、焼き魚、煮魚、唐揚げ、など数え切れない。
b0336398_18185832.jpg

お盆を持ってウロチョロした結果選んだのは、イカの塩辛、ほうれん草の胡麻和え、白身魚のフライ、チキン照り焼き。
b0336398_18185811.jpg

これにご飯とお味噌汁を頼む。
b0336398_18185996.jpg

ご飯大と味噌汁を頼んで電子レンジで温めてもらうのを待つ。
b0336398_1819093.jpg

お客さんはほとんどサラリーマン。みなさんランチだが、一組だけは宴会中。
朝7時から飲める店でもある。
夜勤明けの人達の宴会場所としての機能もある。
b0336398_1819119.jpg

電子レンジ待ちで5分ほどで温め惣菜も登場。
b0336398_1819131.jpg

豪華な定食だ。ご飯が多くて大の選択は失敗。
チキン照り焼きは、安心できる味。しっかりと味もついてる。付け合わせのスパゲッティも濃い味だから、ご飯のおかずにもなる。
b0336398_1819245.jpg

ほうれん草の胡麻和えもお惣菜屋さんの味付けで少し濃い味だけど、ご飯にはあう。白身魚のフライも懐かしいフライだ。どの惣菜も食べやすくガツガツたべる定食としてはいい。味の深みを求める定食ではない。ご飯は大だったのでボリュームも十分。サラリーマンの学食っぽいランチに満足した。

会計 白身魚のフライ 100円
チキンの照り焼き 190円
ほうれん草の胡麻和え 120円
イカの塩辛 150円
ご飯 大 250円
味噌汁 70円
合計 880円

評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-01-29 18:20 | 和食 | Trackback | Comments(0)