ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 31日

飯田橋の安い鶏ランチ

b0336398_133072.jpg

九段下から東京大神宮にあがる路地裏に、小さな個性的なお店を発見。
看板には『中魚沼ふぶき』と書いてある。
b0336398_133225.jpg

中も狭そうだけど、結構混んでる。
外の黒板に出てるランチメニューは安い。一番高くて770円 日替わりは670円だ。
b0336398_133130.jpg

この値段は飯田橋では、なかなか出会えない。中に入るとカウンター6席とボックス4席程度。2階もあるようだけど、ランチは営業していない。
b0336398_133281.jpg

頼むのは、一番安い日替わり定食 今日の日替わりはチキンソテーだ。
来ているお客さんは、値段のせいか、ボリュームなのかはわからないが、若いお客さんが多い。女性のお客さんもいる。
頼んでから、焼いているが直ぐに出てきた。
b0336398_133353.jpg

チキンソテーといっても、焼き鳥を串から外したみたいな形状に甘いタレがかかっている。数も7個程でもう少し欲しい。タレは甘口だが御飯は進む味だ。
この味に飽きると、モヤシの付け合わせを食べるとあっさりする。
b0336398_133461.jpg

甘く柔らかいチキンソテーは、食べやすいし御飯にもあう。ただ味なのか、ボリュームなのかはわからないが、何か物足らない。スープは鶏ガラのスープで美味しい。
670円でスープまででるランチはなかなかないんだからという気持ちも出てくるが、物足りなさ最後まで、解消されなかった。

会計 670円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2014-10-31 13:04 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 30日

キッチン南海本店でカツカレー

b0336398_14424688.jpg

神保町で一番並んでいる店ともいえる、『キッチン南海』に並んでみた。
ランチタイムということもあって、軽く20人近く並んでいる。
b0336398_14424749.jpg

サラリーマンが圧倒的に多く、行列は減る様子がない。お店の前には食品サンプルと、ゾウの置物。元祖カツカレーほ文字が目立っている。
b0336398_1442481.jpg

20分程待って、やっとお店に入れる。
オーダーは並んでる時から、聞かれる。
当然元祖カツカレーを頼む。
b0336398_1442498.jpg

店内は、ボックスとカウンターで50人程入れる店舗。カウンターの中のキッチンでは、次々カツカレーができている。
b0336398_14424932.jpg

80%くらいの人がカツカレーを頼んでいる。店内に入って5分で登場。
b0336398_14425015.jpg

黒いカレーにカツと御飯が浮いてる。
色が濃い。食べてみると色に負けないくらいルーが濃い。カツはうすいがカラッと揚がっていて、食べやすい厚さだ。
b0336398_14425134.jpg

カレーは濃厚だが、やや辛い。半分程度食べると辛さが口に残る。ただ辛いだけではなく深みのある辛さだから、飽きない。ボリュームは十分あるが、最後まで飽きずに美味しく頂けた。
b0336398_14425128.jpg

辛さを癒すため、すぐそばの喫茶店『サボール』に入れる。
ここの喫茶店は老舗で有名である。
b0336398_14425246.jpg

夜は、バーとしてもやっているのか、洋酒のビンが並んでる。
頼んだのはバナナジュース。一度飲んだら凄く美味しかったので、つい頼んでしまう。
b0336398_14425310.jpg

一口飲むと、バナナの上品な甘さが口に広がる。さっきのカレーの辛さが癒される甘さだ。店内も落ち着いていて、先ほど野、南海キッチンでさっと食べて、サボールで寛ぐのはいい組み合わせであった。

会計 カツカレー 700円
バナナジュース 500円

評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-30 14:43 | カレー | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 29日

神楽坂でビーフ専門店のハンバーグ

b0336398_13124990.jpg

神楽坂の名画座の前に、ネオン管の看板のビーフ専門店がある。ランチタイムには、前には結構人が並んでいる。
ランチの黒板にハンバーグがあるのにつられて、『Aging Beef』にする。
b0336398_1312504.jpg

店内は、50人くらい座れるウッディな作り。中のお客さんは、女の人が多い。
b0336398_13125072.jpg

メニューは、ビーフステーキランチを筆頭にビーフメニューが並んでいる。
ハンバーグかハッシュドライスか迷う。ハンバーグ好きだが、若干高い。
結局ハンバーグに決定。飲み物も付く。
b0336398_13125288.jpg

店内には、お肉のショーウィンドウがあり、夜のメニューは、部位ごとにグラム単位でオーダーできるらしい。
本当のBEEF専門店だ。
b0336398_13125220.jpg

待つこと10分くらいでハンバーグ登場。
濃い色のデミグラスソースが香ばしい香りがする。
b0336398_13125348.jpg

サラダもスープも付いているし付け合わせも美味しそうだ。
ハンバーグから食べる。一言で言えば、牛肉をそのままハンバーグにした味覚である。ソースの味はビーフシチューだ。
ビーフ100%であろうハンバーグは、歯ごたえがきっちりあり、ナイフでもスパッとは、切れない。
卵を割ると、半熟の黄身がトロッと流れ出す。
b0336398_13125322.jpg

まろやかな黄身とシチューの様なソースが、牛肉の味がしっかりしているハンバーグに絡みつく。こんなしっかりしたハンバーグをたべるのは、始めてかもしれない。付け合わせの野菜も丁寧につくられている。ハンバーグを選んで正解だった。


会計 1200円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-29 13:13 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 28日

飯田橋のスペイン料理のコスパメチャクチャいい

b0336398_1353640.jpg

目白通りを九段下に向かって歩いていく。
大通り沿いは、チェーン店舗ばかりだ。
右側の路地を覗いてみると、赤と黄色の派手な看板が目につく。そばに行ってみると、スペイン料理のお店だ。ランチ690円〜と書いたメニュー看板もある
b0336398_1353688.jpg

値段とスペイン料理が、今日のランチを決定づけた。
お店の名前は『ALBA』夜は、本格的なレストランみたいだ。
店の前には、黄色と赤の看板で結構目立つ。お店の正面にある博多ラーメンセンターに並んでいるお客さんも、看板を見てる。
b0336398_1353715.jpg

店内に入ると、5席くらいのカウンターと30席くらいのボックス席があるこじんまりとしている店だ。
b0336398_1353796.jpg

カウンターに座ると、メニューの説明に来てくれる。飲み物と、スープは飲み放題、ライス大盛り無料だそうだ。
メニューは最低価格690円から
600円代で飲み物が付く店は、まず飯田橋にはない。
ミラノ風チキンカツを頼む。
ドリンクはアイスコーヒーとスープをセルフでつぎに行く。
b0336398_1353854.jpg

お客さんは、多様。OLからサラリーマンの団体一人できているおじさんもいる。
チキンカツが来るまでに、スープを飲む。
b0336398_1353833.jpg

スープはトマトスープ。鶏でだしを取っているそうだ。
ファミレスにあるランチスープと違って濃厚なしっかりした味がついている。
スープを飲んでいると、チキンカツ登場。
b0336398_1353935.jpg

ワンプレートに、ライス、カツ、サラダが彩りよく綺麗に盛り付けられてる。
チキンカツをナイフで切ってたべる。
サクッと切れる。肉は薄いがカラッと揚がっている。
このカツをトマトソースにつける。
カラッと揚がったチキンと濃厚なトマトソースがとってもよくあっている。
トマトソースのトマトの味がカツの衣に混ざって、口の中に広がる。
b0336398_1353953.jpg

カツとトマトソースがこんなにあうとは、予想外だった。スペイン料理店だから、トマトソースには自信があるのだろう。このトマトソースチキンをオカズに、ライスをたべる。
野菜サラダもあり、ボリュームは十分である。
これでドリンク飲み放題なら、女性も男性も十分堪能できるランチであった。

会計 790円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-28 13:05 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 27日

新橋のサラリーマンの味方

b0336398_1359795.jpg

ニュー新橋ビルを、歩いていると行列ができている店がある。
ラーメン屋かと足を止めると、スパゲッティ、オムライスのメニューが見える。
中は狭そうなのに、外は10人以上並んでいる。早速並ぶ。
b0336398_1359839.jpg

お店の名前は『ムサシヤ』創業明治拾八年の看板も見える。並んでいる人は全てサラリーマン。それも年齢層も高め。
b0336398_1359857.jpg

ナポリタンとオムライスがお勧めらしい。オムライスを頼むことにしてまってる。並んでいるうちに、順番にオーダーを聞かれる。順番になると、オムライスのお客さんと案内されるシステムだ。
b0336398_1359927.jpg

カウンターしかない店舗は、10人も座ればいっぱいになる。
カウンターの中では4名で手際よく作っている。並んでいるときは、10分程待ったが、席に着くと直ぐに出てくる。
b0336398_13591035.jpg

オムライスの卵は、薄焼きに綺麗に焼けてる。中には、ケチャップライスがぎっしり詰まっている。作りたてだからアツアツだ。ケチャップライスの味は、薄味だ。外にかかっているケチャップを卵につけて食べると、ちょうどいい味になる。ナポリタンも付け合わせだから、具はなし。パサパサしている食感は懐かしい。ケチャップ味の両食の間にたべるキャベツが変化をつけてくれる。
このほかに味噌汁が付く。
b0336398_13591153.jpg


どの味も食べ慣れた懐かしい味だから、
一気に食べられる。
ボリュームも十分
サラリーマンのランチの強い味方だ。

会計 700円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-27 13:59 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 26日

青山祭でケバブ丼を食べる

b0336398_12192783.jpg

10月26日までは、外苑前は青山祭りである。青山通りを中心にインターナショナルな出店が並ぶお祭りである。
b0336398_12192777.jpg

今年で28回目という歴史のあるお祭りらしい。初めて知った。
出店は確かに、インターナショナルである。富士宮焼きそばもあれば、インド料理もあるし、ブラジルのサッカーのユニフォームもあれば、青山高校の学生が焼き鳥を売っている。
よく言えば、多彩だが、悪く言えば、よくわからない。
b0336398_12192835.jpg

何かランチになるものはないかと、出店を探す。
やはり、インターナショナルな食べたことないメニューを探しているとケバブ丼?と初めて聞くメニューを発見した。
b0336398_12192917.jpg

お店の人に聞くと、トルコ料理だそうだ。この店『ガラーロ』は移動専門で定着した場所はないらしい。
ここで食べないと死ぬまでたべられないかもしれないのでケバブ丼を頼む。
ケバブ丼のソースの辛さは?と聞かれて辛口はこわいので、中辛を頼む。
ケバブは炊飯器に保温されている。
b0336398_12193077.jpg

ごはんの上にキャベツを引いて、ケバブとソースをかけて出来上がりだ。
飲み物はこの店では、扱ってない。
近くに飲み物を売ってる店を探す。
アサイジュースの看板が見えた。
b0336398_12193191.jpg

『タコデリオ』というメキシコ料理のお店だ。こちらの店舗は、三軒茶屋にあるそうだ。アサイとは、アマゾンのスーパーフルーツで栄養価抜群と営業されたので思わず買う。
b0336398_12193273.jpg

出店の間に食事用のテーブルがあるのでそこで食事開始。前では外国の人が、富士宮焼きそばをたべてる。
b0336398_1219324.jpg

ケバブ丼開食。香ばしく焼けた鶏肉に、甘辛いソースが絡んでいて、御飯によく合う味だ。間に敷いてあるキャベツがちょうどいい架け橋になってる。
和食とトルコ料理の調整役としていい食感を出している。初めて食べる味だけど、定番の料理になっても、不思議はない。
b0336398_12193350.jpg

中辛でもだんだん辛くなってくる。
辛口にしなくて良かった。
アサイジュースを一口飲む。アサイの濃厚な舌触りとほんのりと甘い。飲みやすいジュースだし、食事にあう。
b0336398_12193433.jpg

トルコと南米の両方の味が同時に楽しめる。流石青山祭りだ。

会計 ケバブ丼 500円
アサイジュース400円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-26 12:19 | | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 25日

渋谷の手作りサンドイッチをテイクアウト

b0336398_137747.jpg

こんなに素晴らしい秋晴れの日には、ランチも外で食べたい。まず散歩の前に渋谷で、テイクアウトランチを探す。
流石にやみくもに歩いても、みつからないのて、食べログのお世話になる。
朝7時からやっている『55』手作りサンドイッチの店だ。
早速明治通りを代官山方面に向かって歩いて行くとあった。
b0336398_137892.jpg

店に入ろうとすると、なんか変だ。
中に人はいるけど、オープンしている雰囲気ではない。
入って聞いて見ると、【まだ、オープンしてないんです。モーニングはやめてしまったんですよ。オープンは10時です』
まだオープンまで1時間位ある。
また食べログに騙された。
がっかりして、立ち去ろうとすると、できないメニューもありますけど、できるのでよければ、と声をかけてくれた。
b0336398_137937.jpg

メニューをみせながら、クラブハウスサンドイッチならできますと、説明を受ける。せっかくオープン前に作ってもらえるのだから、ローストビーフのクラブハウスサンドを頼む。
全部で55種類のサンドイッチがある。
31みたいなものだ。
店内は、5席ほどのカウンターと、椅子席が少し。
b0336398_137947.jpg

二人のベテランのシェフがその場で作ってくれる。お寿司屋さんのサンドイッチバージョンみたいだ。
b0336398_17275849.jpg

丁寧に作ってもらった、サンドイッチを持って外苑方面へ散歩。外苑前は、紅葉前の銀杏が綺麗だ。
b0336398_1728058.jpg

早速サンドイッチを開ける
b0336398_1371262.jpg

b0336398_1371236.jpg

綺麗に詰めてある、見るからに美味しそう。
軽く焼いてあるパンに薄いローストビーフが3枚重ねてあり、チーズとレタスもう一つのサイドはトマトと、キュウリ、どちらもマヨネーズマスタードが効いている。
バラバラな素材が口の中で一体になる。
特にローストビーフの風味が広がる。
パンのトースト具合もちょうどいい。
b0336398_1371363.jpg

全部で5切れあるが飽きがこない。
野菜と肉のバランスがいいせいか
野菜も結構とれるサンドイッチだ。
目の前で作ってもらえる高級サンドイッチだ。

会計1230円
評価☆☆☆☆さ

by korekaratozan | 2014-10-25 13:07 | パン | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 24日

神楽坂の銘店で鳥すきどん

b0336398_12145393.jpg

神楽坂には、個性的な店が並んでいる。
路地を一本入れば料亭っぽい店が多い。
この街で、店を選ぶのは難しい。目移りしてしまう。そんな中で、神楽坂通りに面した、『鳥茶屋』に目が止まった。
表通りに写真のメニューの鳥が美味しそうに惹きつける。
b0336398_12144588.jpg

店の前では、開店前から数人が待っている。これだけ店が並んでいても開店前から並んでいる店は少ない。店構えもちょっと料亭っぽい。
b0336398_12144764.jpg

開店と同時に入る。店内は、カウンター、小上がり、個室、2階もありそうだし、結構広い。和風を着た店員さんが、きびきびお客さんをご案内していく。
b0336398_12144983.jpg

ランチのメニューは、表に出ていた鳥すき丼が一番安く、鳥御膳やうどんすきもある。値段と写真に惹かれてきた入ったのだから、鳥すき丼を頼む。
b0336398_12145123.jpg

お客さんは、比較的高齢な方が多く、女性のお客さんが圧倒的に多い。方々の席で、打ち合わせが始まっている。
店内のBGMはお琴のメロディーが流れているし、店員さんも皆さんベテランの風格がある。
料亭だからか、開店すぐだからか、出てくるのは時間がかかる。15分程待つと、鳥すき丼登場
b0336398_12145587.jpg

蓋を開けると、豪華で綺麗な鳥すき丼だ。鳥肉も大きいし骨付きだ。
鳥肉から食べる。かかっている餡掛けの甘さが丁度いい。甘すぎることなく上品な甘さだ。鳥肉ま柔らかく煮込んではいるが、鳥の味がしっかりする。骨との身離れもいい。
卵は、トロトロのスクランブルエッグの様な、柔らかさだ。
b0336398_12145713.jpg

椎茸、豆腐、しらたきもしっかり味が染み込んでいる。贅沢な料亭の賄い食みたいである。
全体的に身体に優しい味がする。高齢のお客さんが多いせいか、誰でも食べやすい味に仕上がっている。
夜のうどんすきも、期待できる店だろう。

会計 980円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-24 12:15 | | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 23日

飯田橋の山小屋風イタリアン

b0336398_12302340.jpg

飯田橋東西線を出て、路地裏を歩いてると、ビルの1階に山小屋風のイタリアンレストラン発見。
居酒屋風でもある。家庭的な雰囲気かわちょっと魅力的なのでここに今日のランチは決定。『和伊の介』の名前の通り、和食とイタリアンの合わせ技の店なのか
b0336398_1230233.jpg

店内は、外の外観通りウッディな作り。
1階を無理やり2階にした客席もあり、結構な人数がはいる作りになっている。
イタリアンというより、居酒屋の雰囲気が出ている。
b0336398_12302493.jpg

メニューは、ハンバーグもあるがパスタが多い。自家製トマトソースのナポリタンにした。大盛り無料、この誘惑には勝てない。有料なら断れるが無料の大盛りはつい頼んでしまう。
b0336398_12302498.jpg

店内のお客さんは、様々。若い女性の団体から、おじさんのお一人様まで色々いる。オーダーと同時にアイスコーヒーがデカンタでサービス。
b0336398_12302532.jpg

中々こういったアイスコーヒーのサービスはないなあと感動して飲んだら、アイスコーヒーじゃない味覚が広がる。
お店の人に聞いたら、マテ茶だそうだ。
待つこと5分でナポリタン登場
b0336398_12302525.jpg

サラダとパンが付く。
ナポリタンは自家製トマトソースだから、期待して食べると懐かしい味が口の中に広がる。トマトソースよりケチャップが勝っている。具材は、ソーセージ、ベーコン、マッシュルーム、玉ねぎとシンプルな素材。
b0336398_12302627.jpg

変なスパイスもないから食べやすい。
昔よく食べたナポリタンの味。今はあまり食べられない。パスタというよりスパゲッティだ。
大盛りでも一気に、食べられる味だし
ボリュームも十分

会計 880円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2014-10-23 12:30 | イタリアン | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 22日

渋谷駅そばの蕎麦屋は絶妙

b0336398_12164323.jpg

雨がパラパラ降っている渋谷
こんな時は、駅のそばでさっとお昼を済ませたい。でもお腹も空いているので、御飯ものも食べたいしと思って駅から離れないで、ウロチョロしていると井の頭線の駅のすぐそはにあったのが『信州屋』
b0336398_12164468.jpg

確か、人間関係というカフェも経営しているクマガイコーポレーションの店舗である。店の外には、今見かけなくなった食品サンプルがある。新そばのポップに惹かれて入る。
b0336398_12164411.jpg

店内は、立ち食いエリアと椅子席エリアにわかれている。レジのそばで会計とオーダー。できたものを自分で席まで持って行って食べるセルフオーダーシステム。
b0336398_12164599.jpg

カツ丼が食べたかったので、カツ丼セットを頼む。寒いのでお蕎麦は暖かいかけそば。
立ち食いそばの雰囲気ではあるが、出てくるのは少し時間がかかる。
お客さんは全員男 それもおじさん
みんなさっと食べてさっと行く。
中には常連なのか、店員さんと話しているお客さんもいる。住宅街の蕎麦屋みたい。
カツ丼に時間がかかったのか5分後に完成。椅子席に持って行く。
b0336398_12164682.jpg

まずは、お蕎麦から開食。
蕎麦の茹で加減は少し柔らかいが、口の中では、蕎麦の香りが広がる。
普通の立ち食い蕎麦というより、普通のお蕎麦屋さんの蕎麦である。
お汁も、関東風のくせになる濃い味だが、出汁もしっかり効いている。
b0336398_12164777.jpg

カツ丼は、脂も多いが柔らかく煮てあり、卵との、相性もいい。
味付けも濃くなく、お蕎麦と交互に食べるには最適。
普通のお蕎麦屋さんだと思えば普通なのだが、立ち食いだと思えばかなりのパフォーマンスがある。
もりそば290円という値段は、立ち食い価格だ。
カツ丼セットだからボリュームは十分。
味付け、蕎麦の風味も十分
この価格と品質であれば、お客さんが途絶えることはないだろう

お会計 700円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-22 12:17 | 蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)