ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 30日

絶品京都の白ご飯

b0336398_15221592.jpg

京都 哲学の道に大きな看板。特性土鍋で炊き上げた白ご飯の看板。見るからに美味しそうな写真。
b0336398_15221661.jpg

店の外からでも土鍋で炊いているのが見える。京都は湯豆腐やにしん蕎麦もあるが、このご飯の魅力に負けて『ふみや』に入ることに決めた。
b0336398_15221888.jpg

日曜日だからか、入るのに15分ほど待つ。観光客がほとんど。店内はカウンターと、テーブル合わせて40席くらい。
b0336398_15222015.jpg

定食メニューは4種類、他に卵かけご飯もある。店頭で美味しそうにサーモンを焼いていたので、サーモンの西京焼き定食にする。
b0336398_15222235.jpg

このお店は、先月オープンしたそうでもともとは、絵葉書をうるお土産屋さんからスタートした地元に根付いたお店だ。
b0336398_1522233.jpg

ご飯は京都産のコシヒカリだそうだ。
ご飯の炊き方も小さい土鍋をいくつも使って炊いているため期待できる。
5分ほどで登場。
b0336398_15222498.jpg

まずご飯から食べる。一言で言うと、甘い。ご飯の甘さが口に広がる。炊きたてだから少し柔らかくはかんじるが、噛むとしっかりお米の味が広がる。
おかずを食べないで、ご飯だけで3口ぐらい続けて食べられる。
b0336398_15222524.jpg

お茶碗も小さいので、おかわりをする。
おかわりのご飯には、焦げてないお焦げが入っていた。懐かしい食感だ。
b0336398_15222611.jpg

サーモンの西京焼きもしっとりしていて美味しいし、味噌汁も白味噌で美味しい。他の付け合わせも薄味で丁寧に作ってある。ただ、ここのおかずは全てご飯を食べる脇役だ。このご飯を食べるためにある。こんなに美味しいご飯を食べたのは初めてかもしれないと思えるほどのご飯であった

会計 1700円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-30 15:25 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 29日

渋谷でどぜうでランチ

b0336398_13165746.jpg

渋谷井の頭線改札のすぐ隣のザレンガビル。そのビルの入り口に、どぜうの看板。夜は何回か行ったけど、ランチは初めてなので『駒形 どぜう』に入ってみることにした。
b0336398_13165878.jpg

ひっそりした4階に、電気がついている。土曜日のせいか空いてる。
全部で60席程度のテーブル席。
b0336398_1317098.jpg

どぜうのせいか、高年齢のお客さんが多い。メニューは、どぜう中心だがどぜう以外もある。
b0336398_1317286.jpg

頼んだのはどぜう鍋定食。高いともおもったが、夜は、どぜう鍋だけで1700円するのだからお得感もある。
b0336398_1317683.jpg

お鍋の準備をしてくれる。駒形どぜうは、浅草本店で、都内に数店舗あるはずだ。もともとはどぢょう)と書いていたそうだが、店舗が火事になり、4文字は縁起が悪いから1806年に今の3文字(とぜう)に変えたそうだ。
歴史ありすぎの店だ。早速どぜう登場
b0336398_1317996.jpg

このどぜうに大量のネギを上に乗せて煮る?焼く?たれもつぎ足す。
好みで山椒と七味をかけて出来上がりを待つ。
b0336398_13171142.jpg

どぜうか出来る間に、味噌汁とご飯を食べる。味噌汁の具は、なんとどぜうだった。味噌汁も甘いどぜう風味?の味噌汁で美味しい。ご飯もガスで大量に炊いているせいか美味しい。隣に座っていた新潟出身の夜の常連さんも、ご飯が美味しいと絶賛してた。
b0336398_13171366.jpg

ご飯と味噌汁を食べている間に、どぜう鍋完成。食べるのは久しぶりだ。
甘いタレ、ネギ、七味、山椒の香りがいいバランスで、混ざり合いどぜうの泥くささは一切ない。
b0336398_13171550.jpg

トロトロで柔らかく、高級な、アナゴを食べている感じだ。骨がかすかにわかる程度の食感がいい。タレの甘みとどぜうの柔らかく煮込まれていながら、どぜうの旨味がある。ネギも大量に、いれてもどぜうに蒸された感じでしっとりしていて、食べやすい。江戸時代から続くメニューだろうけど、平成の現代でも十分通用する味覚だ。

会計 1950円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-29 13:19 | 和食 | Trackback
2014年 11月 28日

飯田橋のスペインバルのオイスターは美味しい

b0336398_133053100.jpg

飯田橋の目白通りと、早稲田通りの間にある桜学園を少し上がったところに、洒落たスペインバルがある。
b0336398_13305475.jpg
通りからも派手な赤と黄色の旗が目立つ。今年5月にオープンしたスペイン料理の『サルパ』で今日は食べることにした。
b0336398_13305539.jpg

店内は、60席ほどの2人テーブルが並んでいる。奥は個室にできそうな空間もある。店内には可愛い絵も飾ってあって少し南欧の雰囲気を感じさせる。
b0336398_13305582.jpg

メニューは、パスタからハンバーグまでスペイン料理のランチ?が並ぶ。近頃クリームシチューを食べてなかったのと、牡蠣のシチューを食べたかったので牡蠣のクリームシチューにした。
b0336398_13305690.jpg

シチューなので、パンを頼む。寒い時はシチューの様な温かいスープ系が食べたくなる。
待つこと5分で先にサラダ登場。
b0336398_1330561.jpg

なんてことないサラダなのだが、野菜がみずみずしい。新鮮だからか?
ドレッシングもマヨネーズっぽいけど、薄味で食べやすい。義理でついてるミニサラダではない。
b0336398_13305746.jpg

シチューとパン登場。
シチューの牡蠣から食べる。プリプリしている。牡蠣の味が口の中に広がるが、クリームシチューの味もミックスされまろやかに広がっていく。
b0336398_13305745.jpg

シチューを食べるとスープにも、牡蠣の味がひろがる。牡蠣の味とクリームシチューがこんなに相性がいいとは思わなかった。パンをシチューにつけてたべるのも絶妙。パン自体は普通のフランスパンだが、このシチューにつけると、パンをついつい食べてしまう。
ちなみにパンはおかわり自由だ。
シチューについてるゴボウチップもサツマイモチップもシチューにつけて食べる食感がいい。
全体的にまとまってるシチューだ。
寒い日には身体が暖まる。
このシチューにアイスコーヒーがつく。
美味しい牡蠣の新たな食べ方もわかったし、ボリュームもあるので満足
会計 1000円
評価 ☆☆☆


by korekaratozan | 2014-11-28 13:39 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 27日

秋葉原で牛かつのランチ

b0336398_13364142.jpg

アニメとメイドの街秋葉原は、平日でも賑わっている。
b0336398_13364227.jpg

秋葉原には、ランチの隠れた銘店がある。中央通りを上野方面に200m程歩いて左に曲がると、メイド喫茶のそばにあるのが『牛かつ壱弐参』。
今日はここに決定。牛かつも食べたことないし。
b0336398_1336433.jpg

まだ12時前でも満員。外で5分ほど待たされる。店内はカウンター10席とテーブル6席とこじんまりしている。
b0336398_13364455.jpg

お客さんは、全員男。近くのサラリーマンが多そう。お店は地下なのに、皆さん常連っぽい。
メニューはほぼ1種類。牛かつの定食。
小があったり、追加の牛かつがあったり、トロロ付きがあったりだが。
基本の牛ロースかつ麦飯セットに決定。
b0336398_13364627.jpg

60秒で揚げると書いてあるが、その60秒の意味がよくわからない。早く揚げることでカラッとしているということなのか
5分くらいで登場。
b0336398_13364723.jpg

牛かつから食べる。1cm程の厚みのある牛かつが、細く切ってある。中は真っ赤
かなりのレアである。
b0336398_13364831.jpg

そのままで食べると、マグロのかつっぽい食感だが牛の味が口の中に広がる。
衣も薄く、外はパリッとしている。
中は牛刺しの様で、ジューシー。
b0336398_13364978.jpg

初めての人には、山葵をつけて食べてみる様に勧めている。
山葵をつけてお醤油で食べると、実にあっさりしていて牛肉の味がしっかりしている。このカツのおかわりもあったが、おかわりしたくなる美味しさだ。
麦飯との相性もいい。
12時前から並ぶのはよくわかる店であった

会計 1200円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-27 16:10 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 26日

札幌ラーメン横丁で元祖ミソラーメン

b0336398_12592135.jpg

札幌でランチと言えば、ラーメンと思ったが、どこに入るか迷う。
すすきのにあるラーメン横丁の中だけで、10店舗以上並んでいる。
b0336398_12592237.jpg

ラーメン横丁の中を散策。昭和47年創業
と外の写真が美味しそうだったので、
『ひぐま』に決めた。
b0336398_12592215.jpg

店内は横丁の店だけはどこでもそうだがカウンターだけで10席程度。
まだ11時半だからか、お客さんは1人。
b0336398_12592379.jpg

メニューは味噌ラーメンの他に醤油ラーメンもあり、白味噌ラーメンもある。
たのんだのは、オーソドックスな味噌ラーメン。
b0336398_12592461.jpg

店内には、ひぐまの進化と大きく張り出してある。北海道の味噌ラーメン発祥は味の三平だそうだが、このひぐまも味噌ラーメンがまだ有名になる前から、作っている老舗だ。
b0336398_12592675.jpg

待つこと10分位で味噌ラーメン登場。
b0336398_12593039.jpg


見るからに美味しそう。
スープはあっさりしてるけど、味がしっかりしている。鶏ガラがベースらしいが、後は企業秘密だそうだ。
味噌の味がまろやかで食べやすい。
麺の太さは、中太縮れ麺。西山製麺だそうだ。この麺がスープによく絡む。
半熟の玉子はこのスープとよくあう。
b0336398_12592750.jpg

肉は焼豚ではなくて挽肉。元々味噌ラーメンには、焼豚ではなくて挽肉が、入ってたそうだが、今は焼豚の店が増えているそうだ。この挽肉がスープと、よくあう。スープの味が挽肉によくしみ込む。
b0336398_12592882.jpg

全体的にまとまっていてあっさりしていながら、味が濃厚で食べやすいラーメンである。元祖味噌ラーメンの味を堪能できた。丼のひぐまも可愛い。
b0336398_12592977.jpg

会計 750円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-26 14:39 | ラーメン | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 25日

浜松町一番の焼き魚でランチ

b0336398_136527.jpg

浜松町南口から100m程行った、プロントの向かいに『越後屋権兵衛』はある。
焼き魚で有名な店だ。
今日は浜松町でランチタイムを迎えたので、越後屋権兵衛に行ってみることにした。
b0336398_136626.jpg

店に着く50m程度手前から、魚を焼く美味しい匂いがしている。
11時30分なのに、ほぼ満員。人気店だ。店内にはいると、前会計システム。
b0336398_136817.jpg

魚だけではなくて、鶏肉もある。
初めての訪問なので、王道?のとろホッケを頼む。
会計すると、番号が張ってある将棋の駒をくれる。プラスチックの札よりおしゃれだ。
b0336398_136968.jpg

この札を持って店内のテーブルに座る。
入り口では、活気がある魚焼き風景が観れる。
b0336398_1361011.jpg

店内は、テーブル10個位、カウンター6席、横並びの相席である。お茶もセルフサービス。サービスはほとんどない。
b0336398_1361144.jpg

店内は90%サラリーマン。たまに女性のお客さんもパラパラいる。
待つこと10分程か、21番とろホッケと言われてテーブルに置いてくれる。
b0336398_1361274.jpg

とろホッケは15cmほどある。
一口食べると、ジューシー、脂も乗っているし、塩加減もちょうどいい。ご飯とと一緒に食べるのにいい塩加減だ。
中はジューシーだが、外の皮はパリッと焼けている。真ん中の骨以外全部食べられる。
b0336398_1361357.jpg

ご飯を食べるには充分な量のホッケだ。
後、油揚げとワカメの味噌汁、大根おろしもつく。大根おろしは無くても、いいぐらいに生臭くも無く美味しいホッケだった。

会計 900円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-25 13:05 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 24日

渋谷の隠れ家風な店でランチ

b0336398_1333289.jpg

文化村通りに、大きなランチ看板が立っている。
エッグベネディクトなど、ハワイアンランチかと思ったが、カレーもあるしテーマがよくわからない店があった。
ビルの4階という隠れ家っぽい店に惹かれて、今日のランチ『TAKENOTSUKA』
に決定
b0336398_13332952.jpg

入り口からして、隠れ家っぽい。
店内は、ボックス4つとカウンター10席くらいののこじんまりしたお店。
b0336398_13333054.jpg

店の名前はタケさんとツカさんがオーナーで始めたらしく、地名の竹ノ塚とは関係ないそうだ。
夜は外人のモデルさんが、数多く来るそうで、店のテーマはレゲエだそうだ。
そうはいってもメニューは、ハワイアンっぽい。
b0336398_13333022.jpg

エッグベネディクトはこの間食べたので、今回はタコライスに、チャレンジ。
店内のモニュメントも可愛い。
b0336398_13333196.jpg

夜はオシャレな渋谷の空間になるのだろう。祭日だからかお客さんは少ない。
待つこと10分くらいで、タコライス登場。
b0336398_13333235.jpg

一口タコ(ひき肉を炒めたもの)を食べる。ほんのりと、辛味がありタマネギの甘さもある。
このタコにたまごの黄身を絡めてご飯と食べると、味がまろやかになり絶妙。
もともとタコライスを食べたことがないからか、とっても新鮮な味覚だけど、食べやすい。チーズとレタス、トマト一緒に食べるとtacosのライス版だ。
b0336398_13333544.jpg


もともとハワイで生まれて沖縄で育った料理らしいが、日本人の味覚にはあう味だ。このタコライスにドリンクとスープもつく。スープもアサリで出汁をとっている深みのある味のする本格的なスープであった。
b0336398_13333461.jpg

店の雰囲気も落ち着いてて居心地もいいし、値段も安い。満足できるランチであった。

会計 800円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-24 13:33 | アジア | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 23日

渋谷 春秋の朝採り野菜ランチは凄い

b0336398_1334397.jpg

日曜日の渋谷 それも文化村通りは、買い物客、観光客、鑑賞客、で賑わっている。文化村もできて25年になるそうだ。この文化村通りには、飲食店が多く、個性的な店も並んでいる。
b0336398_13344781.jpg

そんな、なかでビルの1階にあるのが、春秋。確か三宿発祥のお店だったはずだが三宿にはもうない。この文化村の他に、銀座などで数店舗程ある。
夜は来たことはあったが、ランチは初めてなので、ここ『春秋』に入ってみることにする。
b0336398_13344893.jpg

店内は暗い。入り口が奥にあるせいもあるが、わざと暗くしているみたい。入り口近くに野菜バーがある。
b0336398_13344673.jpg

カウンターに通される。
どうやは朝摘み有機野菜取り放題が、売りらしい。野菜とおにぎりだけのメニューもあるが物足りないので、豚バラ肉の炭火焼き サムギョプサル風を頼む。朝摘み有機野菜取り放題をつける。
b0336398_13344185.jpg

早速、野菜バーで野菜をとる。結構並ぶ。
b0336398_13344330.jpg

トマト、ブロッコリー、大根、人参の生野菜と白菜の煮物と、野菜のオーブン焼き、かき揚げの7種類。
生野菜4種類と調理野菜3種類だ。
人参ジュースもつく。
b0336398_13344365.jpg

いつもそうだが、自分のお皿に取るときたなく盛り付けになってしまう。
生野菜を自家製味噌につけて食べる。
少し辛いが、野菜に本当に馴染む味噌だ。生野菜のために作った味噌の様だ。
大根、人参、ブロッコリーはこの味噌で生野菜でない様な味に変身する。
白菜の煮物も味が穏やかで食べやすい。
かき揚げだけは、硬いだけであまり味がない。人参ジュースはビックリするほど甘い。栃木から毎朝運ばれるらしいが、この野菜バーだけでも結構食べ応えがある。野菜を食べてるとメイン登場
b0336398_13344485.jpg

豚肉を一切れ食べる。サムギョプサルだ。サムギョプサル風とは書いてあったがサムギョプサルそのものではないか。
胡椒とスパイスが効いていて、付け合わせのレタスと食べるとちょうどいい。
b0336398_13344578.jpg

付け合わせの野菜はレタスの他に、キムチ、ネギ、ナスの煮もの、お漬物、お味噌の具も根菜 全て野菜だ。
全体が野菜の味覚のなかで、このサムギョプサルの味が刺激もあり、ご飯を食べやすくしている。野菜だけでは、ご飯は食べ辛い。野菜バーは取り放題だが1回だけで十分。サムギョプサルと野菜の相性も良く、全体的に一品、一品が手の込んだランチだった。

会計 豚バラ肉の炭火焼き 1000円
朝摘み有機野菜の取り放題 500円
評価☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-23 14:01 | アジア | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 22日

神楽坂の炉は飯田橋のゆうを超えるか

b0336398_1743965.jpg

土曜日の神楽坂は、結構混んでる。閑散としている飯田橋と対象的だ。
神楽坂の坂を5分程上がると、左側に古風な居酒屋っぼいお店が構えている。
b0336398_1743940.jpg

店先に大きな提灯が目立つ。このろばたの炉は、飯田橋のゆう《拙ブログ 10月 8日》と同系列の店だ。ゆう、ろばたの炉を経営している 麹村総合企画は、10店舗程運営しているが、ろばたの炉はここ神楽坂だけだ。ゆうが美味しかっので期待できる。
b0336398_1744054.jpg

店内は、カウンター20席くらいとテーブル席が30位か。お店のろばた焼きの雰囲気を出すためか、全体的に暗い。
お客さんも土曜日のせいか、観光客っぽい人が多い。どこを観光するのだろうか?
b0336398_1744418.jpg

メニューは、定食中心。丼があるところもゆうと似ている。本日の焼き魚はサワラの西京焼きだそうなのでそれを頼む。
b0336398_1744166.jpg

ご飯も、十国米、黒米、白米から選べる。十国米を選ぶ。ご飯が選択できるのも、おかわり自由なのもゆうと同じ。
5分位で登場
b0336398_1744298.jpg

パッと見た感じ豪華感がない。広いお皿に、少しづつ。西京焼き、お刺身、ひじき、おみおつけ、ご飯の定食だ。
お刺身からたべる。マグロと、カツオで3切れ。昨日解凍したのか、ベットリしている。特に美味しくもなく、量も少ない。西京焼きは、味噌の味がしみこんでいる。ご飯にもあう。
b0336398_1744381.jpg

ご飯の量は多い。2膳位ありそう。おかかわり自由なのに、違うご飯を食べたい人も断念させる量だ。
味噌汁は野菜が大きく入っていて食べ応えはある。ただ西京焼きの量が少ないのでご飯、お漬物で食べることになる。
b0336398_1744392.jpg

ゆうと経営が同じだから、かなり期待して入ったせいか、失望感が高い。こんなに期待しなければ、そうでもなかったのかもしれないが。値段もゆうより高い1000円。神楽坂価格なのか、観光客向けなのかは知らないけど、失望感の高いランチであった

会計 1000円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2014-11-22 17:03 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 21日

飯田橋で博多ラーメン

b0336398_13102140.jpg

飯田橋西口の改札を出たら、博多ラーメンセンターの大きな看板がある。
名前からして大きなチェーン店かと思っていたら、飯田橋にしかないことが判明した。
b0336398_13101846.jpg

『博多ラーメンセンター』に早速行ってみることにした。
飯田橋で、博多ラーメンってあんまり関係ない気もしたが、博多ラーメンは全国ブランドなのだからか。
場所は、以前訪問したスペイン料理ALBAの前。《10月28日当ブログ記載》
目白通り沿いに、解りやすい看板が立っている。ここを左に曲がると直ぐにある。
b0336398_13102571.jpg

結構人は並んでいる。12時前から行列ができるのは飯田橋のラーメン人気店の証だ。
b0336398_13102692.jpg

店内は10席程のU字カウンター。
隣との空間も空いているので、そんなに狭くはない。トッピングの高菜、紅生姜
が並んでいる。
b0336398_13102725.jpg

メニューは、博多ラーメンのバリエーション。特製ラーメンを今回は食べてみることにした。自動販売機で会計。
食券を渡す。
b0336398_13102050.jpg

食券を渡すと、サービスライスの大きさを聞いてくる。よく判らないので中を頼む。
皆さん常連なのか、食券を渡しながら、小とか中とか言いながら渡している。
麺の固さもここで指定する。
待つこと5分で登場。
b0336398_13102254.jpg

博多ラーメン登場。食べてみると見た目よりあっさりしている。
麺は細麺。硬さを指定しなかったせいか柔らかい。キクラゲとネギを食べると味にアクセントがついて食欲が増す。スープの味は濃厚だがあっさりしているせいか食べやすい。
b0336398_13102259.jpg

セットのご飯には、明太子のふりかけをかけて食べる。まあ明太子風味という程度で、特筆するふりかけではなかった。
b0336398_13102331.jpg

他のお客さんは、ほとんど替え玉を頼む。隣で食べてる女性のお客さんも替え玉を頼んでる。頼まないと損しそうなので、替え玉注文。現金で頼める。
今度はバリカタを指定。
替え玉は直ぐに出てくる。
b0336398_13102476.jpg

ほとんど具は食べてしまったので、トッピングの高菜と紅生姜、ゴマを総動員。
高菜ラーメンにする。
バリカタにしたせいか、麺の味がよく分かる。小麦の味が口に広がる。高菜とゴマでスープの味が変わり、違うラーメンをもう一杯食べているみたいだ。
ラーメン版 ひつまぶし?
ご飯、替え玉でボリュームは十分。
ラーメンの麺もスープも具材も満足できるラーメンだった。

会計 特製ラーメン 850円
替え玉 150円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-11-21 13:10 | ラーメン | Trackback | Comments(2)