ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

大晦日は箱根そばで年越し

b0336398_15494352.jpg

大晦日の今日、箱根は名物箱根蕎麦の看板が目立つ。
箱根駅伝が走る街道沿いにある『山そば』大晦日なのか並んでいる。
b0336398_154951100.jpg

年越し蕎麦はここで食べようと新そばと、自然薯の看板が目立つ『山そば』にはいる。店の外には、サンプルも並んでいる。
b0336398_1549552.jpg

店内は増築をしたみたいで入り口から想像できないほど広い。2階建てて両方合わせて100席はある。
b0336398_15495740.jpg

伝統のありそうな古民家風の造りである。メニューは普通のお蕎麦屋さんと同じ。
b0336398_1549595.jpg

自然薯と看板に出てたくらいだから、とろろ蕎麦を頼むと、とろろ蕎麦蕎麦は冷たい蕎麦、温かいのは山芋蕎麦だと言われる。山芋蕎麦を頼む。年末で混んでますので、時間かかりますよと念を押される。
奥座敷みたいな所に座ったのだが、畳の上に変な窓がある。細くて小さい窓で、風を入れる窓なのだろう。
b0336398_1550124.jpg

10分程待つと山芋蕎麦登場。
b0336398_1550375.jpg

卵の黄身ととろろがいいコントラストをだしている。自然薯のとろろは重い。
蕎麦と一緒に食べてみるととろろの味がしっかりと口の中に広がる。蕎麦も新そばと書いてあったが、風味が後から感じられる。
b0336398_1550677.jpg

卵が味をまろやかにしてくれるので、とろろ、蕎麦のお汁、蕎麦の風味がいい感じでマッチしている。
お蕎麦の茹で方は少し柔らかめだが、このとろろ汁とよくあって食べやすいお蕎麦だ。
お蕎麦にしてはボリュームも十分あり、満足できる年越し蕎麦であった。


会計 1180円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-31 15:53 | 蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 30日

新丸ビルで串揚げランチ

b0336398_15435533.jpg

年末も押し迫り、帰省ラッシュで混む東京駅を避けるようにして飛び込んだ新丸ビル。
ここの『はん亭』の串揚げは美味しいので有名だ。料金は高いだろうけど、今年もあと2日なので、思い切ってはいる。
b0336398_1544035.jpg

入り口は暗いけど、中に入ると東京駅がばーんと見える明るい店内。
b0336398_15441581.jpg

全部で30人位の、小さいお店だが一面が全て窓なので解放感がある。
b0336398_1544227.jpg

開店直ぐに入ったので、まだ空いてる。
メニューは1種類しかない。年末だからか、1000円のメニューは消えている。
しかたないので、
b0336398_15442913.jpg

四季彩串揚げを頼む。
東京駅100周年記念のせいか、帰省ラッシュのせいか東京駅周辺の混雑は凄い。
まず、前菜2品から登場。
b0336398_15443688.jpg

この店の野菜スティックは、バーナャカウダーなんかが流行る前からこのスタイル。つけるのも自家製ミソ。
自家製ミソの辛さが適度で、野菜が進む。特に大根にあう。
b0336398_15444198.jpg

もう一品は自家製ローストビーフ。
柔らかく、菊花カブ?とあう。
お正月っぽい。
ここから、順番に串揚げが4本出る。
b0336398_15454541.jpg

どの串揚げも素材に一仕事してあり、いい油であっさりと揚がっている。素材の味に一仕事の味がいい。白く揚がっているのは黒豆。黒豆の揚げものは初めて食べた。
b0336398_15455075.jpg

次の一品は、卵とトロロと米粒みたいなパスタ。小麦粉で作ったお米みたいのが下にある。食べたことない味だが、食感が面白いし、あっさりしていて揚げ物の箸休めにはちょうどいい。
b0336398_15455693.jpg

残りの4本の串揚げも来る。生麩があったり、豚肉があったり具の種類もバラエティーに富んでいる。どれも下味がついていたり、一仕事分美味しい。
とっても上品な串揚げであった。
デザートのアイスでさっぱりする。
b0336398_1546127.jpg


会計 2916円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-30 15:50 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 29日

山の上ホテルでランチ

b0336398_14272421.jpg

お茶の水から神保町に向かう左側にある山の上ホテル。多くの文豪が利用したことでも有名である。ホテルは明治大学の裏にそびえる。
b0336398_14273081.jpg

ホテルのパンフレットに【小さなホテルです でも心がいっぱい 温かく お迎えし 手作りのもので おもてなし 満足していただきたいのです】
と書いてある。たしかに大きなシティホテルではない。
b0336398_14273592.jpg

ホテルの中にはいる。ロビーは広くはないが、歴史を感じさせる落ち着いたたたずまいだ。
b0336398_14274068.jpg

奥には、かわいいチャペルもある。結婚式用だろう。
b0336398_14274655.jpg

ホテル内にはレストランが5個ある。
フランス料理、鉄板焼き、てんぷら、中華、喫茶と揃っている。
値段的にも一番安いであろう喫茶の『コーヒーパーラー ヒルトップ』に行く。
店内は50人程入れる。コーヒーパーラーとはいえ、内装は豪華。
b0336398_1427528.jpg

客席間も離れているので、落ち着いた雰囲気だ。ランチメニューはカレー、パスタ、グラタンなどから選べる。
b0336398_14275781.jpg

近頃食べていないのと、寒いからグラタンにした。店内は年末の月曜日だからか空いてる。待つこと5分くらいでサラダ
登場。
b0336398_1428310.jpg

普通のミニサラダだ。新鮮な野菜に薄味のドレッシングがかかっていて食べやすい。サラダを食べているとグラタン登場
b0336398_1428104.jpg

グラタンがテーブルに乗ったとたんに、チーズの匂いが広がる。グラタンというよりピザの香りだ。
一口食べてみると、ホワイトソースにチーズの味が口の中に広がる。チーズを焼かれた部分も香ばしい。
b0336398_1428169.jpg

マカロニは長い。15cm位ありそう。こなマカロニにもチーズ味のホワイトソースがしっかり絡んでいる。
ブロッコリーが、いい硬さで入っているので食感もいい。ズワイガニもはいっているのだが、チーズホワイトソースに負けている。このチーズホワイトソースグラタンなら、カニはいらないかもしれない。
b0336398_14282633.jpg

ホテルのコーヒーパーラーのランチだから、ボリュームも質も期待していなかったが、どちらもしっかりしている。
街の喫茶店のグラタンとはレベルが違う貫禄をしっかりだしている。
アフターのコーヒーもカップが素敵だ。
b0336398_14283048.jpg

お水もなくなれば直ぐについでくれるし、コーヒーも本格的なブレンドだし当然ミルクはちゃんとしたミルクだ。
サービス、味ともに満足したランチだ。
一人で食べるのはもったいないが、人と話しをしながらのランチの場としては、最高ではないか。
ホテルのパンフレットの通り、【満足させていただいた】

会計 1650円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-29 14:30 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 28日

両国でちゃんこランチ

b0336398_1331853.jpg

両国でランチといえば、ちゃんこ鍋。寒い時には最適。両国駅を降りると、白鵬が出迎えてる。駅から相撲一色だ。
b0336398_1331942.jpg

行ったのは『巴潟』有名なちゃんこ料理店だ。国技館通りを右に入ったところにある大きなちゃんこ料理店だ。
b0336398_1331985.jpg

お店にはいると2階に案内される。
この巴潟は本館、新館合わせて300席あるそうだ。この本館2階はテーブル席で50人程座れる。
b0336398_1332049.jpg

メニューはちゃんこ以外もあったが、ちゃんこにする。平日はちゃんこだけの定食十両もあるが、今日は日曜日なので、幕内にする。
b0336398_1332063.jpg

店内12時を過ぎると家族連れで一杯になる。お店の中に相撲関連の装飾品が飾ってある。
b0336398_1332114.jpg

b0336398_1332241.jpg

待つこと5分くらいで幕内がきた。
b0336398_1332215.jpg

ちゃんこの他にコロッケまである。
まずはちゃんこから食べる。
b0336398_1332381.jpg

今日のちゃんこは豚味噌だ。お汁の味は豚汁を濃くした味だ。豚肉にも味が少し染みている。豚肉は適度な脂も付いていて、このお汁とよく合う。豆腐、厚揚げも味が染みていて美味しい。
b0336398_1332489.jpg

野菜を多く食べられるのが鍋のいいところではあるが、白菜が多すぎる。もう少し他の野菜が欲しいところだ。
ちゃんこ鍋は土鍋で冷めないため、最後まで熱いまま食べられた。
ただ、他の小鉢はいらない気がする。
ちゃんこを食べに来てる人が、コロッケやジャガイモの小鉢を食べたいのだろうか?ちゃんこ専門店としては、考えて欲しい。
ちゃんこは身体が温まり、味も濃すぎず美味しいちゃんこだっただけに、小鉢の不要性を強く感じたランチだった。
会計 1295円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-28 13:05 | 和食 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 27日

九段下のパリのビストロでランチ

b0336398_13495774.jpg

九段下に有名なフランス料理のシェフの店があると聞いて、行ってみた。シェフはフィリップ バットンというフランス人らしいが、東京で本格的なフランス料理を味わってほしいとオープンしたそうだ。
目白通りを左に曲がってすぐにある1階にあるお店『LE PETIT TONNEAU』だ。
b0336398_1349573.jpg

店内は小さいテーブル席が並んでいる。30人は入れそう。
一番奥の席に通された。メニューは黒板メニュー。見た途端に失敗に気付いた。
週末ランチは、2000円からしかない。
食べログに出てた1000円ランチはウイークデイだけらしい。
b0336398_13495862.jpg

今更帰れる雰囲気もないので、週末ランチを頼む。パスタに2000円は出したくないので、ステーキフリットにする。ステーキフリットとはステーキに、フライドポテトがつくそうである。店内なお昼になると満席。若い女性客がほとんどだ。
待つこと5分で前菜登場
b0336398_13495861.jpg

カンパチのカルパッチョだ。
高いオリーブオイルを使っているのか、しつこくない。酸味も弱くむしろ若干甘い。薄味なのでカンパチの味を殺していない。
b0336398_1349596.jpg

なかなか美味しい前菜だ。メインも期待できる。
お水は特性の浄水らしいが、普通の水道の水だ。
b0336398_1350018.jpg

b0336398_1350049.jpg

お水を飲んで待ってるとメイン登場。
b0336398_1350182.jpg

大きな肉片がポテトと並んでいる。
ナイフで切ると硬い。結構筋がある。
ソースも何も付いていないから、完全にに牛肉の味しかしない。
レアを頼んだせいか、生肉を食べてる食感だ。肉をそのまま食べてるだけだ。
b0336398_1350150.jpg

ポテトと野菜が付け合わせだが、味はに何も付いていない。
フランス料理というより、アメリカ料理だ。お肉も柔らかくもなく、普通のアメリカンビーフだ。このお肉とポテトと水で本格的なフランス料理?
ここの、オーナーシェフのバットンさんには(日本人には、昼飯はステーキでも出しておけば、大丈夫だ)と舐められてるのかもしれない。
カルパッチョがでてきても、言わなければお水を持ってこないサービス。
今日は27日なのにクリスマスの飾りを平然と行っている内装。
こういった細やかなことが何もできなくて、ただ週末はランチを倍にすればいいと思ってる安易さ。
その考えが、このランチ内容に十分表れている。
せっかく2300円も払ってるのに、本当にこれでは残念なランチだった。

会計 2300円
評価 ☆

by korekaratozan | 2014-12-27 13:55 | 洋食 | Trackback
2014年 12月 26日

秋葉原で江戸前天ぷらでランチ

b0336398_12363252.jpg

秋葉原電気街を降りて見上げる構想ビルUDXビル。このビルの2階、3階は飲食店街AKIBA_ICHI。この中には色々な飲食店がある。
b0336398_12363310.jpg

その中でも老舗中の老舗『ひさご』
創業大正7年だから100年近い歴史がある店だ。今日はここに決めた。
b0336398_12363413.jpg

店内はカウンター15席位とテーブル20席位。明るい店内だ。
b0336398_12363527.jpg

メニューは、天丼、天ぷら定食があるが、目を引いたのがサービス定食。限定10食に惹かれてこのメニューに決定。
b0336398_1236351.jpg

ひさごは都内では銀座三越とここだけ。後は、名古屋と福岡にある。
カウンターで板さんが、揚げてくれる本格的な天ぷら屋さんっぽい。
b0336398_12363696.jpg

まずサラダから登場。ゴマダレドレッシングに、しんなりした野菜かわよく絡んで美味しい。
b0336398_12363743.jpg

このサラダを食べてると、サービス定食登場。
b0336398_1236381.jpg

b0336398_12363818.jpg

天ぷらは揚げたてが、一つ一つカウンターから出される。
エビからたべる。
カラッと揚がっていて、衣も薄く全然脂っこくない。三重県の特性の胡麻油を使ってるそうだが、その胡麻油の味がわかるほど繊細な味だ。
b0336398_12363978.jpg

素材そのものの味を殺さないで、軽く揚げてる。
野菜もホクホク揚がっている。ブロッコリー、カボチャ、シメジ、ナスだったがどれも野菜そのもの味が十分伝わる。
b0336398_12364029.jpg

天つゆで食べても塩で食べてもどちらでもあう。ご飯も美味しいと思ったら、あきたこまちだそうだ。
b0336398_12364130.jpg

天ぷらも高級天ぷらと何ら変わらない揚げ方だし、ご飯や味噌汁も美味しい。
ここのサービス定食は本当にお得である。ビルのテナントの天ぷら屋さんとは思えない定食であった。

会計 1100円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-26 12:38 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 25日

恵比寿でタイ料理

b0336398_1253195.jpg

恵比寿の渋谷川のほとりにあるタイ料理店『coci』。川沿いにあるからか、店構えもお洒落。
b0336398_1253280.jpg

川沿いのリゾートっぽい。
今日はここでランチに決定。
店内は二階建て、二階は広く40席程ある。
b0336398_1253325.jpg

2階から渋谷川が見渡せる。
それほど綺麗な川ではないけど。
b0336398_1253571.jpg

メニューはタイ料理ランチメニュー。
食べたことないメニューが並んでいる。
写真の鶏肉が美味しそうなので、カオマンガイに決める。
b0336398_1253618.jpg

店内のお客さんは、若いビジネスマンと女性客が多い。タイ料理はイタリアンと並んで女性に、大人気だ。12時を過ぎると満席。
まずサラダから登場。
b0336398_12537100.jpg

豆が入ってるサラダ。名前はないそうだが、豆がタイっぼくて美味しい。
サラダを食べてると、カオマンガイ登場。
b0336398_125389.jpg

キューリ、ソース、パクチーをタイ風鶏肉丼に合わせて食べるそうだ。
パクチー、キューリ、鶏肉、御飯にソースをかけて食べてみる。
キューリが絶妙な仕事をして、パクチー臭さを消している。食感もいい。
b0336398_125399.jpg

ソースは少し酸味があるが、タイ料理独特の風味がある。ご飯はスープで炊いた感じだが、ご飯、鶏肉には味付けはほとんどない。パクチーの香り、キューリの風味、ソースの酸味がまざりあって、一つの味を出している。初めて食べる味だが、大変食べやすい。
b0336398_12531075.jpg

これに、デザート、ドリンクがつくのだから、CPはすごくいい。
デザートのプリンもランチデザートとは思えない程美味しかった。

会計 1100円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-25 12:53 | アジア | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 24日

神楽坂でミシュランとんかつ

b0336398_15522784.jpg

神楽坂で今年から始まったミシュラングルマンに認定されたとんかつ屋さん『あげつき』で今日はランチ。
ミシュランに載ったせいでもないだろうけど、外に行列。
b0336398_15522831.jpg

外で10分ほど並ぶ。並んでいるのはサラリーマンが多い。お一人様も多い。
b0336398_15523054.jpg

店内はテーブル5卓とカウンター5席位のこじんまりとした店。地下のお店だからか暗い。
b0336398_1552303.jpg

ランチメニューは4種類。並ロースかつ定食を頼む。並はあるが上はない。
夜のメニューには上、特上がある様だ。
b0336398_15523161.jpg

外で待つ事10分、中で10分程待ってロースかつ定食登場。
b0336398_15523238.jpg

ロースかつが白い。
想像していた小麦色ではなく、白い衣だ。中のお肉はピンク色だ。お店の人に聞くと、最初低温で揚げて、後から高温で揚げるため白いのだそうだ。
まずはそのまま食べろと書いてあるので、ソースをかけないで食べる。
衣はあっさりしていて、口の中には豚肉のジューシーな肉汁が広がる。
b0336398_15523333.jpg

自家製ソースをつけると、辛口のソースととんかつがよくあう。衣があっさりしているので豚肉の味がよくわかる。
いい豚肉を使っているからか、豚肉の美味しさはよくわかるとんかつだ。
b0336398_15523434.jpg

キャベツもかなり細かい千切りで、ドレッシングとマッチするしご飯も美味しく炊けている。普通のとんかつ定食なら十分満足できる。
ただ値段とミシュランの期待度からすると、期待ハズレだ。ここより美味しいとんかつ屋さんは他にもある。
店員のサービスもお客さんが帰っだ後も放置してあるし、奥にいるためご飯のおかわりも呼ばなければこない。
サービス、味ともに本当にミシュランは評価したのか?と疑いたくなる。
夜の特上ならもっと美味しいのだろう
帰りにはランチは終わっていた。
数量限定ランチらしい。
b0336398_15523549.jpg

会計 1350円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-24 15:54 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 23日

亀戸天神の寒空には鍋焼きうどん

b0336398_1703393.jpg

藤で有名な亀戸天神からは、スカイツリーも見えて新旧一体の高景色だ。
b0336398_170342.jpg

その亀戸天神と、スポーツの神様 香取神社の丁度間にある小さなお蕎麦屋さん『越前』でランチに決定。
周りには、鰻、鳥料理の店もあるが他の店は、あんまりぱっとしないからここに決めた。消去法で決めた店だからあまり期待しないではいる。
b0336398_1703521.jpg

表の看板には、純手打ち と書いてある。なんとなく昔の純喫茶を彷彿させる。群馬のうどんの文字にも少し惹かれた。
店内は狭い。縦に長いがせいぜい20人位?二階もあるが、使っていない。
b0336398_1703692.jpg

蕎麦屋の分類なら、街蕎麦屋だ。
高級蕎麦屋ではない。メニューも蕎麦、うどんが一通りあり、カツ丼や天丼もある。ただ外に書いてあった群馬産うどんが気になったので、鍋焼きうどんを頼むことにした。
b0336398_1703693.jpg

お店は空いてる。休日の昼時でこんなに空いてて大丈夫かなあと思うほど。
他に一組程度のお客さんしかいない。
内装はリニューアルしたのか、新しい店なのかは不明だけど新しくて綺麗。
b0336398_1703762.jpg

店内モニュメントも綺麗に並んでる。
待つこと10分くらいで鍋焼きうどん登場。
b0336398_170382.jpg

海老、鶏肉、ワカメ、オフ、かまぼこ、卵、ネギとお馴染みの具が並んでいる。
うどんから食べる。細いうどんは少し、透き通っている。スルッと口に入り、噛むとモチモチ感がある。
水沢うどんとよく似ている。お店の人に聞くと、うどん粉は水沢から取り寄せているそうで、この店の地下で打っているそうだ。
手打ちだからか、モチモチ感が強い。
b0336398_1703877.jpg

鍋焼だから、熱々だから小鉢にとって食べる。お汁の味はそれほど辛くない。関東風だが、色もそれ程濃くなく甘くはない。
柚子の香りがお汁全体に広がっている。
小鉢で卵の黄身と混ぜると、お汁がまろやかになって美味しい。
b0336398_1703940.jpg

半熟の加減が丁度よく出来上がっている。鍋焼きうどんを頼んだ時は、鍋焼きに外れ無し の言い伝え(自分で作った)を信じたのだが、なかなか予想以上に美味しい鍋焼きうどんだった。
期待しないからかもしれないが、近くにあればまた食べてもいいっていう うどんだった。
会計 1000円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-23 17:02 | うどん | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 22日

夏目漱石が愛した洋風かき揚げを神田で食べる

b0336398_13143988.jpg

夏目漱石が食べて美味しいと絶賛したことから、定番メニューになったかき揚げで有名な『松栄亭』。
松屋や神田やぶ蕎麦の近くにある日本の洋食の草分け店舗。
池波正太郎もよく来たことで有名だし、店内には池波志乃の版画?もある。
b0336398_13144395.jpg

店舗は、昔の雰囲気を残しながらもリニューアルされていて綺麗。店内はカウンターとテーブル席で23席位。
b0336398_13144490.jpg

メニューはランチメニューもあるが、単品もある。
かき揚げが有名だから、かき揚げを選ぶ。単なるライスではつまらないので、ドライカレーを頼む。
b0336398_13144598.jpg

かき揚げは10分位かかると言われた。
ランチメニューにない理由はそこにあるのかもしれない。
かき揚げについているのか、ドライカレーについているのかわからないスープから登場。
b0336398_13144672.jpg

コンソメの熱々のスープだ。玉ねぎの甘さが効いている。
かき揚げとドライカレーが一緒に登場。
b0336398_13144999.jpg

b0336398_13145112.jpg

先ずかき揚げから食べる。ナイフを入れると、外の衣は硬いが、中はフニャと柔らかい。特性ウスターソースをかける。豚肉と玉ねぎと卵が、いいバランスで揚がっている食感もそれぞれ違うし、味も玉ねぎの甘さと卵の柔らかさが豚肉の旨さを引き出している。そこに、サラッとしている甘くないウスターソースがとてもよくあう。
b0336398_13145213.jpg

衣もパリっとしていて、香ばしい。揚げ物だが全然脂っこくない。
簡単な食材の組み合わせであるが、今まで食べたことのない料理だ。
ドライカレーは、ご飯一粒一粒にしっかりカレーの味がついている。
b0336398_13145394.jpg

辛くもなく、それほど味が濃いわけでもないので、メイン料理と一緒に食べられるドライカレーだ。
レシピは創業当時と同じとのことだが、明治時代の人もかなり美味しいものをたべてたのだなあと実感した。

会計 洋風かき揚げ 950円
ドライカレー 800円

評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-22 13:16 | 洋食 | Trackback | Comments(0)