ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 31日

東京駅ガード下の伽羅の中華ランチ

b0336398_13484560.jpg

東京駅ガード下の店は、ディープな店、チェーン店が混在している。
大手町のサラリーマンが多い場所柄だがら大手町の駅ビルの様にお洒落な店はない。そんな中にある『伽羅』、中華料理店だ。
b0336398_13484535.jpg

12時20分までは外にウエイティングの行列ができる。
並んで入ると中は狭い。
b0336398_13484699.jpg

隣の人とのテーブルは10cm位しかない。全員相席の様なテーブルだ。
全部で30人程はいれるが、4人席、2人席を除くと社員食堂状態だ。
メニューは日替わりから、麺類、ご飯ものとある。
頼んだのは本日の定食のレバニラ定食。
b0336398_13484698.jpg

菲菜牛肝定食がレバニラ定食とは、知らなかった。
お客さんは全員サラリーマン。12時20分に行列のピークを迎えたが、40分には空席が出だし50分には、半分以上が空席になる。時間厳守な大手町のランチピークだ。
5分ほどで登場。
b0336398_13484788.jpg

見た感じ普通のレバニラ定食だ。
街の中華屋さんでよく食べる奴だ。
食べて見ると、街の中華のとは違う。
辛くて味が濃いだけのではなく、味に深みがある。街の中華屋さんのが一種類の味付けだとすると伽羅のは、3種類位の味付けで出来上がってる。
b0336398_13484723.jpg

雰囲気は社員食堂か定食屋だが、味は高級中華とも引けをとらない。味に深みがある。ただ味のこさだけで、ご飯を食べるのではなくしっかりとした中華の味がする。このガード下には並んでる店とガラガラの店の差が激しいが、この店が並ぶ理由はわかるような気がする。

会計 800円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-31 13:48 | 中華 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 30日

神楽坂の蕎麦とカツ丼

b0336398_16303773.jpg

神楽坂を石畳の道に入る入口にあるのが『九頭竜蕎麦』。
おろし蕎麦とソースかつ丼あり升。の看板に惹かれる。
b0336398_16303875.jpg

店の入口は奥にあり、解りづらい。
一見高そうだが、貼ってあるメニューを見るとそうでもない。
b0336398_16303867.jpg

店内は広く50席程ありそう。年齢層が高めのお客さんが多い。
b0336398_16303988.jpg

表の看板にあった組み合わせのおろし蕎麦とソースかつ丼を頼む。
この店は明らかに高級蕎麦屋だ。
店内で蕎麦も打っている。
b0336398_16304014.jpg

昼なのに蕎麦を切っている。
おろし蕎麦セット登場。
b0336398_16304063.jpg

おろしはかけて食べて下さいとのことだったので、かけて食べる。
大根オロシの辛みがツンとくる。
蕎麦は腰がしっかりしていて、噛み応えがある。蕎麦の味が口の中に広がる。
b0336398_16304126.jpg

大根オロシの辛さと蕎麦の風味があう蕎麦だ。ソースかつ丼はかつ4枚載っている。
b0336398_16304169.jpg

かつは薄いが、カラッと揚がっている。
ソースの味がしっかりついているので、ご飯とあう。
ご飯と一緒に食べるのに適度な厚さとソース味だ。
オロシ蕎麦があっさりしているから、このソースかつ丼のソース味が変化があって美味しい。ソースかつ丼とオロシ蕎麦という変な組み合わせもなかなかあう。
ざるそばと普通のかつ丼の組み合わせより新鮮な組み合わせで良かった。

会計 890円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-30 16:30 | 蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 29日

宇都宮二代目村岡屋は凄い

b0336398_202321.jpg

宇都宮にあるラーメン屋『二代目村岡屋』は凄いとの噂を聞きつけたので行ってみた。
b0336398_2023374.jpg

初代村岡屋(本店)はつけ麺の店らしいが行ったことはない。
二代目は、作新大学のそばだが住宅地に囲まれた中にある。
駐車場は車で一杯である。
こんなに解りづらいところにあるラーメン屋なのにこの混雑は期待できる。
b0336398_202349.jpg

店内はカウンターとテーブル席で40人程入れるが、満席たから少し待つ。
b0336398_2023590.jpg

メニューは大きく分ければ4種類。
あっさり、塩、こってり、つけ麺から選ぶ。それぞれに特製がある。特製はチャーシュー2枚と玉子らしい。
悩んだ末に頼んだのは、特製濃厚中華だ。
b0336398_2023682.jpg

具がスープが見えない位ぎっしり載っている。まず麺から食べる。
太い。太麺とは書いてあったが、ラーメンというよりうどんだ。硬めに茹でてあるから、啜るというよりしっかり食べる感じだ。スープは濃厚を超えてる。半固形かと思うほど、ドロっとしている。
b0336398_2023622.jpg

この超濃厚スープが、超極太麺にしっかり絡む。スープの濃厚さは豚と魚介系がしっかり溶け合っている。
あまりに濃いので、カツオスープのスープ割りを出してくれる。スープだけ飲むには、このスープ割りを入れた方が飲みやすい。
b0336398_202397.jpg

チャーシュー2種類載っている。
バラ肉の方が脂がしっかり付いてる。
b0336398_2023856.jpg

途中でカツオの粉を混ぜると、風味も変わるし、玉子もちゃんと半熟だ。
b0336398_20231095.jpg

最後にスープだけを飲むとき、生のタマネギの食感と辛味がスープとよくあう。
生のタマネギがラーメンの具にのってるのは、初めてかもしれない。
このラーメンは初めてのことも多く驚きがある。ただ邪道な驚きでなく、美味しい驚きだ。宇都宮のこんな場所でこんな凄いラーメンに出会えて良かった。

会計 950円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-29 20:22 | ラーメン | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 28日

方南町でインドカレー

b0336398_17252538.jpg

杉並区とは思えないほどディープな店が並ぶ方南町の商店街にあるインドカレー屋さんの『家帝』。
b0336398_17252689.jpg

入り口も暗くて入りづらい。
中に入るとか気さくなインド人かネパール人のマスターが明るく出迎えてくれる。
b0336398_17252665.jpg

店の中のはテーブル席が6卓程。
奥の厨房でナンも焼いている。
b0336398_17252735.jpg

ここのカレー店が他のインドカレーと違うのは、ナンとライスが両方でることだ。その上ナンもライスも1回はお替りできる。コスパが高い。
バターチキンカレーを頼む。
b0336398_17252838.jpg

インドカレー店特有のサラダと薄味のスープが付く。ここのナンも大きい。
30cm以上は軽くある。
カレーライスとカレーナンの両方が食べられる。
バターチキンカレーは、中辛を頼んだせいか、辛くない。少し甘みもある。
b0336398_1725299.jpg

このカレーはナンにもライスにもあう。
インド系カレーにしては、かなり欧風に近い。香辛料はそれほど強く感じなく、コクがあるカレーだ。
ナンにつけてもご飯にかけても食べやすい。ナンを1枚おかわりしてしまった。
最後に飲んだラッシーはさっぱりして美味しかった。
b0336398_17253047.jpg

気さくなマスターの人気なのか、カレーの人気なのか、休みの日でもひっきりなしにお客さんは来る。
地元に密着したインドカレー店だ。

会計 900円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-28 17:25 | カレー | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 27日

ビストロ大将の中途半端

b0336398_1663934.jpg

以前(魚の旨い店)があった場所に、新たにオープンしたのが『ビストロ大将』。
魚の旨い店は、近くに移転した。
お店の外には、メニューが一杯貼ってあって、賑やかな雰囲気。
b0336398_1664017.jpg

b0336398_1665010.jpg

通る人の目を引く看板だ。
店内は居抜きで借りたのか、内装は魚のの時と同じ。
b0336398_1665041.jpg

前は刺身店だから、和っぽく感じたけど、今は気のせいか洋風っぽい。
メニューは、ハンバーグからステーキ、マグロの頬肉と幅広い。
b0336398_1665191.jpg

ただ1000円切るのはハンバーグしかないので、ハンバーグを注文。
オープンして半年たつが、お客さんは未だ少ない。
b0336398_166513.jpg

今日のソースクリームマスタードのハンバーグ登場。
ここのランチにはカレーが付いてくるので、ライスはカレーライスに。
b0336398_166525.jpg

ハンバーグから食べる。
クリームマスタードとはいうが、単なるホワイトソースにしか感じられない。
ハンバーグの肉質感もなく、レトルトハンバーグを食べてるみたいだ。
b0336398_1665260.jpg

温泉玉子につけて食べたがピンとこない味だ。
ファミレスのハンバーグの方がはっきり言って美味しい。なおかつ小さい。
メインが失望したせいか、カレーも当然の様に、コクもなければ具もない。
ここの店は一体何が売りなのか。
ボリュームでも値段でも味覚でも立地でも、雰囲気でもない。
何を目当てにこの店にはいるのかは、よくわからないランチであった。
帰りに移転した魚の旨い店の、前を通ったら店の外まで行列していた。

会計 880円
評価 ☆

by korekaratozan | 2015-03-27 16:05 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 26日

飯田橋鳥よしランチ

b0336398_209724.jpg

飯田橋の『鳥よし』でランチ と言っても全国チェーンの鳥良ではなくて、この鳥よしは飯田橋 大衆酒場だ。
b0336398_209743.jpg

鳥がついてもメニューは鳥以外。
刺身から焼き魚から、生姜焼きと幅広い。
b0336398_209856.jpg

頼んだのは、生姜焼き定食。
納豆も追加で頼む。席数は全部で60人くらいだ。昼はパラパラだ。一人客が多い。一人でも入りやすい定食屋だ。
b0336398_20997.jpg

女性の一人客もいる。全体的に年齢は高めだが。
b0336398_2091059.jpg

生姜焼き定食納豆付き登場。
納豆も有料の納豆だから、しっかり一つ分。納豆を混ぜてご飯にかけて食べ始める。
b0336398_2091116.jpg

納豆のネギの量がちょうどよく、納豆が久しぶりのせいか美味しい。
生姜焼きもしっかりと味も付いているし、硬くなくジューシーに焼けている。
生姜焼き定食としては、満点のできだ。
b0336398_2091285.jpg

特筆するほど変わった味は何もないが、昼の定食の完成度としては高い。
安心して食べられる昼ご飯だ。
夜はまた雰囲気が違うのだろうけど、昼ご飯の落ち着いた雰囲気はなかなかいい。

会計 生姜焼き定食 850円
納豆 100円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-26 20:09 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 25日

イベリコバーin飯田橋

b0336398_16274071.jpg

飯田橋東京大神宮にあるイベリコ豚バー『Dicha』でランチ。
b0336398_16274160.jpg

カウンター10人とテーブル12人の小さなお店だ。
b0336398_16274332.jpg

入ったのは11時50分その時は一組くらいしかいなかったが、11時54分には見事に満席になった。
b0336398_16274776.jpg

凄い人気店だ。ランチメニューは2つ。
パエリアかステーキからの選択。
パエリアはだいぶ食べてなかったのでパエリアにする。
b0336398_16274871.jpg

お店は2人でテキパキとサービスしている。イベリコ豚のプロシュートが飾ってある。
まずサラダから登場。
サラダはいいオリーブオイルを使っているのか、酸味も強くなく食べやすいサラダだ。
b0336398_16274961.jpg

サラダを食べ終わる頃にパエリア登場。
出来立てだから熱々だ。
b0336398_16275313.jpg

彩りも綺麗だ。魚介類以外のパエリアは初めて食べるかもしれない。
ソーセージと野菜が主な具材なのだが、トマトバジルの味が全体に広がっている。程よい酸味が食欲を増す。
b0336398_16275439.jpg

ご飯は日本のお米の様だが、パエリアっぽく炊けている。具材には味は付いていないが、ご飯の味だけで、飽きずに食べられる。ボリュームも十分である。
これに焼きたてのチョリスと飲み物か付く。
b0336398_16275590.jpg

コスパも十分であるし、雰囲気、味ともに満足できるランチであった。

会計 1000円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-25 16:27 | イタリアン | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 24日

山形牛一頭買い

b0336398_1842760.jpg

飯田橋駅前で、山形牛一頭買いの大きな看板をあげている『吟まる』。
夜は高級な焼き肉屋の雰囲気がする。
b0336398_1842861.jpg

店内に入るとショーケースに高そうなお肉が並んでいる。
b0336398_1842974.jpg

高級焼き肉店の証しだ。
店内は細かく区切られたテーブル席。
40人位は入れそうな広さだ。
b0336398_1842999.jpg

メニューは焼き肉系メニュー以外にハヤシライスもある。メニューにも幻のメニューと書いてある。
b0336398_1843032.jpg

しかし幻だけあって今日はないそうだ。
月に数日しかないメニューらしい。
焼き肉屋の王道カルビランチを頼む。
A3のカルビらしい。A5の表記はたまに見かけるけど、A3は初めて見た。
b0336398_1843144.jpg

カルビランチ登場
A3カルビが6枚。後はよくあるサラダとスープとご飯。ご飯はおかわり自由だそうだ。
b0336398_1843156.jpg

A3でも美味しそうなカルビだ。
普段食べてるのはほとんどA3かもしれない。もしかしたらA2かも。
b0336398_1843289.jpg

ややレア気味に焼いた。焼いてる途中で気がついたけど、この店トングがでてこない。忘れたのか、ランチは箸で生肉を触れと言ってるのか。この店は焼き肉便利辞典に優良店として紹介されている。
b0336398_1843256.jpg

トングがでてこない優良店はないだろう。
焼き肉のタレはやや辛いが美味しい。お肉も柔らかくて普通のカルビだ。
ただ6枚は少ない。
ご飯のおかわりどころか、ご飯一膳もカクテキで食べたくらいだ。
もう少し焼き肉の量は増やしてもらいたい。ボリュームとトングでストレスを感じたランチだった。
会計 1000円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2015-03-24 18:03 | 焼肉 鉄板焼き | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 23日

神楽坂あっさりラーメン

b0336398_13494984.jpg

神楽坂に入ってすぐに道草横丁という10件程の飲み屋が連なってる横丁がある。
b0336398_1349508.jpg

その横丁の中に昨年オープンしたのが『きみの』
b0336398_13495135.jpg

店構えは未だ新しい。他の飲み屋さんは歴史がありそうだから少し浮いている。
店内はカウンター8席と最小規模の店だ。
b0336398_13495240.jpg

メニューは塩か醤油かの選択。
お店の人もどちらもお勧めだとのこと。
塩と焼豚ご飯も頼む。といっても自動販売機で買うのだが。
b0336398_13495310.jpg

お店に置いてあった神楽坂という雑誌にこの店は紹介されている。
b0336398_13495485.jpg

オープンして1年で紹介されるのはなかなかだ。待っている間に次々とお客様が来て満席になった。ウエイティングもしてる。
b0336398_13495483.jpg

ラーメン登場。
麺は細麺。スープは鶏と煮干しの様だ。
あっさりしているが出汁はしっかりと効いているし塩加減も絶妙だ。麺も美味しい麺だ。茹で加減も固めでちょうどいい。
b0336398_13495596.jpg

飲んだ後に食べるには最高のラーメンかもしれない。胃に優しそうだ。このラーメンなら毎日食べられる。こってり系が好きな人には無茶苦茶物足りないが、あっさり系ラーメンとしてはかなりの出来のラーメンだ。
ラーメンを半分程度食べてると出てく きた焼豚ご飯も、焼豚のタレ味がご飯にしっかり絡んでいて食べやすい。ラーメンがあっさりしているから、このご飯の濃い味もちょうどあう。
b0336398_13495795.jpg

【すだちの絞り汁を入れるとスープの風味が変わりますよ】と言われたので、最後の方に入れた。確かに風味が変わり、お吸い物を飲んでる様な上品な味になる。
b0336398_13495897.jpg

神楽坂で飲んだ後このラーメンの誘惑に今後勝てるかどうか不安になるラーメンであった。

会計 塩ラーメン 750円
焼豚ご飯 280円

評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-23 13:49 | ラーメン | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 22日

永福町のダンダダン

b0336398_1411319.jpg

2年程前に永福町駅前にできた『ダンダダン酒場』。長い間八百屋だった場所にできた酒場だが餃子メイン。餃子居酒屋だ。
b0336398_141143.jpg

肉汁餃子製作所の看板もある。この店は持ち帰りの餃子もやってるので永福町民は餃子屋としてのイメージが強い。
b0336398_1411477.jpg

オープン直ぐに入ったので、お客様は未だいない。
店内は外で見るより広く、50人は入れそう。2階もあるみたいだ。
b0336398_1411561.jpg

メニューは餃子と麻婆などのライト中華メニュー中心だ。
餃子が食べたくて入ったのだから、餃子ライスのダブルを頼む。ダブルにすると焼き餃子が8個付いてる。
b0336398_1411650.jpg

オープン10分後から次々にお客様が来る。皆さん20代の若者のお客様が多い。
こんなに永福町に若者がいたかと思う。
b0336398_1411739.jpg

餃子ライス登場。餃子はラーメン屋さんの中華よりひとつあたりが大きい。
プリプリしている。水餃子も大きさは変わらない。焼き目があるかないかだ。
b0336398_1411823.jpg

【味が付いているのでそのまま食べて下さい】と言われたのでそのままたべる。
肉汁がしっかり入っていて、薄味が付いてる。この味だけで十分食べられる。
b0336398_1411999.jpg

お肉がしっかり入っているから、ボリュームもある。水餃子は焼き餃子と、ちがって餃子の中にスープが入ってる。このスープが美味しい。どちらの餃子も下味は同じだが、変化があって飽きない。
餃子だからやはり生も飲んでしまった。
b0336398_14111013.jpg

ご飯にもあう餃子だがらもちろんビールにはあう。飲食店が育たない永福町でも、永く残る店だと確信した。

会計 餃子ランチ 831円
ビール 400円

評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-22 14:12 | 中華 | Trackback | Comments(0)