ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ

タグ:永福町 ( 13 ) タグの人気記事


2015年 05月 03日

今年初めての冷やし中華

b0336398_20325369.jpg

ゴールデンウイークを迎えたが暑い。このまま夏までずっと暑いのかと思うとぞっとする。
こんな日には冷やし中華と、入ったのは永福町民なら誰でも知ってる『味大将』。
永福町民以外の知名度は低いが、典型的な街に愛されてる中華屋だ。
b0336398_20325377.jpg

昔と行っても10年以上前だが、カウンターだけの店だったが、今ではカウンターとテーブル合わせると60人位入れる大型店になった。
b0336398_20325453.jpg

ゴールデンウイークだからか、お客様はまばらだ。冷やし中華が食べたくて来たのだから当然冷やし中華を頼む。
b0336398_20325585.jpg

冷やし中華はゴマダレ、半チャーハンも一緒に頼む。この店はラーメンから中華料理か一通りある。
メニューは豊富だ。
b0336398_20325587.jpg

冷やし中華、半チャーハン登場。
冷やし中華は、平面的盛り付けだ。
麺から食べる。ゴマ油なのか、麺がテカってる。ゴマダレの味は濃くない。あっさり気味だ。
b0336398_2032567.jpg

焼豚はモモなのかほとんど脂がなく、あっさりしている。
定番のトマト、卵、キューリ。
お皿が広いから、タレが全体的にかかってはいるが、それほど濃くないので食べやすい。
チャーハンも薄味だ。ほんのりと中華の味はするが、味がそれほど濃くないので冷やし中華と一緒にたべるのにちょうどいい。パラパラ度はかなり高い。
b0336398_2032577.jpg

セットではないのだけど、セットの様にまとまったランチであった。
街の中華屋さんのメニューだが、店は綺麗だし、整頓も行き届いてる。
今年の初冷やし中華は満足できた。

会計 冷やし中華 880円
半チャーハン330円

評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-05-03 20:32 | 中華 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 16日

住宅街のお好み焼き

b0336398_1631233.jpg

永福町の住宅街のなかにひっそりと構える『まんぷく』。お好み焼き屋さんだ。
多分30年以上前からあったような、気がする。永福町の飲食店の老舗グループの一つだ。
b0336398_1631376.jpg

お店のなかは、大きな鉄板カウンターとテーブル2つ。
お年を召した女性が切り盛りしている。
b0336398_1631465.jpg

メニューはお好み焼きの他に、ハンバーグ、野菜炒めなどもある。
b0336398_1631572.jpg

お好み焼きは広島で食べてきたので、ハンバーグを頼んでみる。
ハンバーグも野菜炒めもお好み焼きもカウンターの鉄板で焼く。
焼き物ならなんでもありだ。
b0336398_1631641.jpg

ハンバーグは独特のソースがかかっている。デミグラスソースを和風にした様なソースだがこのソースは美味しい。
ハンバーグのお肉も上質な肉を使っているらしく肉質もいい。
b0336398_1631812.jpg

ただハンバーグの量は少ない。
モヤシの量は多いのだが、味付けは薄いので飽きてしまう。
ハンバーグはまあまあなのだが、付け合わせはただ焼いただけの感じが拭えない。このハンバーグで940円は高い。
お店の雰囲気と来てるお客様はアットホームな感じだが、値段はアットホームではないランチだった。

会計 940円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2015-04-16 16:30 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 11日

うなぎ屋で鶏重

b0336398_15353477.jpg

永福町では歴史のある鰻屋『稲毛屋』
焼き鳥のテークアウト店も併設されている。
b0336398_15353597.jpg

鰻屋と焼き鳥を一緒に営業している店は多い。タレの関係だろうけど。ここは鰻も美味しいが、焼き鳥も美味しい。
永福町民は鰻の出前はここ、稲毛屋が多い。
b0336398_15353522.jpg

お店は狭い。テーブル4つである。出前の方が売り上げが高いのではと思ってしまう。
お客様は地元の家族連れとお一人様。
隣がパチンコ屋なので、パチンコ屋で勝た人が食べに来る店でもある。
メニューは鰻と焼き鳥関連。
b0336398_15353619.jpg

頼んだのは、とり重の上。
この店
では、まだ消費税が3%なのではないだろうが、メニューには消費税3%別途とテプラで貼ってある。
ということはこの値段は消費税3%時代から、もしかしたら、テプラで貼ってあるから消費税導入から同じ?
どちらにしても、20年近く同じ値段で提供していることになる。
b0336398_1535365.jpg

とり重上登場
お浸しや味噌汁もついている定食だ。
鶏から食べる。甘いタレに柔らかくふあっと焼かれている。綺麗に載っている錦糸卵の風味がいい。タレも甘すぎず、御飯にあう味だ。
b0336398_15353770.jpg

鶏、卵、海苔、御飯がこのタレで一体化されていて、完成されたとり重だ。
うなぎ屋で食べるとり重に、しては高いレベルのとり重だ。

会計 1200円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-04-11 15:34 | 和食 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 04日

永福町の街の洋食屋さん

b0336398_1355222.jpg

永福町から、方南町方面にバス通りを歩いて行くと、もう店はないだろうと思った辺りにある『MARINO』。
b0336398_1355356.jpg

立地はよくないので、当然常連客だけが集まる店だ。店内はテーブル席で40人位。真ん中に大きなテーブルもある。
b0336398_1355482.jpg

土曜日だからかお客さんは、ほとんどが家族連れ。年配のご夫婦二人でお店は切り盛りしている。
b0336398_135558.jpg

頼んだのは日替わりメニュー。
ブリとブタから選べるのだが、このお店は上州豚取り扱い推奨店に認定されているので、豚のトマトソース煮にしてみた。
b0336398_1355545.jpg

よく意味がわからないけど、きっと美味しい豚を取り扱ってる証だと信じることにした。
【少し時間がかかりますよ】と言われた。お客さんは半分位しか入っていないのに時間がかかるのは、丁寧に作っているからなのか。
永福町はもともと飲食店が育たない場所だ。新宿、渋谷、吉祥寺に15分もあれば行けるので、永福町で食事をする人が少ないせいか、定番のお店を除くとあまり定着しない。駅前には洋食屋はないので、洋食が食べたい人は、駅から歩いて5分程のここマリノに来ないと食べられない。
時間がかかると宣言された通り、サラダが出てきたのはオーダーしてから30分経過してからだった。日替わりランチで30分はかかりすぎだろう。
b0336398_1355668.jpg

サラダの野菜はキャベツとレタス、トマトとありふれてるが、ドレッシングは自家製。ニンジンの甘さがいいドレッシングだ。サラダを食べてると、豚のトマト煮込みがでてくる。
b0336398_1355725.jpg

熱々に煮込んである。
湯気が凄くでてる。熱々なトマト煮込みを食べると、トマトのコクがはっきりわかる。中にはシメジと豚肉とグリーンピースしか入っていないが、トマトのコクと塩味がすっきりと入ってる。
b0336398_1355878.jpg

豚肉は薄切りされていて、豚の味はよくわからないが、このトマトソースの味が美味しいので、豚肉も美味しく食べられる。こんなコクのあるトマト煮込みは初めて食べた。出てくるのに30分かかることを除けば満足できるランチであった。

会計 1150
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-04-04 13:54 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 22日

永福町のダンダダン

b0336398_1411319.jpg

2年程前に永福町駅前にできた『ダンダダン酒場』。長い間八百屋だった場所にできた酒場だが餃子メイン。餃子居酒屋だ。
b0336398_141143.jpg

肉汁餃子製作所の看板もある。この店は持ち帰りの餃子もやってるので永福町民は餃子屋としてのイメージが強い。
b0336398_1411477.jpg

オープン直ぐに入ったので、お客様は未だいない。
店内は外で見るより広く、50人は入れそう。2階もあるみたいだ。
b0336398_1411561.jpg

メニューは餃子と麻婆などのライト中華メニュー中心だ。
餃子が食べたくて入ったのだから、餃子ライスのダブルを頼む。ダブルにすると焼き餃子が8個付いてる。
b0336398_1411650.jpg

オープン10分後から次々にお客様が来る。皆さん20代の若者のお客様が多い。
こんなに永福町に若者がいたかと思う。
b0336398_1411739.jpg

餃子ライス登場。餃子はラーメン屋さんの中華よりひとつあたりが大きい。
プリプリしている。水餃子も大きさは変わらない。焼き目があるかないかだ。
b0336398_1411823.jpg

【味が付いているのでそのまま食べて下さい】と言われたのでそのままたべる。
肉汁がしっかり入っていて、薄味が付いてる。この味だけで十分食べられる。
b0336398_1411999.jpg

お肉がしっかり入っているから、ボリュームもある。水餃子は焼き餃子と、ちがって餃子の中にスープが入ってる。このスープが美味しい。どちらの餃子も下味は同じだが、変化があって飽きない。
餃子だからやはり生も飲んでしまった。
b0336398_14111013.jpg

ご飯にもあう餃子だがらもちろんビールにはあう。飲食店が育たない永福町でも、永く残る店だと確信した。

会計 餃子ランチ 831円
ビール 400円

評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-22 14:12 | 中華 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 01日

アド街14位の蕎麦屋で

b0336398_1310712.jpg


昨日アド街ック天国で永福町が放映された。こんな狭くてたいした店のもない、住宅地を取り上げるとは驚きだ。
多分日本全体の視聴率はメチャクチャ低かっただろうけど、永福町民の視聴率は50%を超えただろう。
上位二つがピザと大勝軒というのは、想定の範囲内。2店舗あるピザの扱いは微妙だったが、まあその辺も想定の範囲内。
b0336398_1310070.jpg

ただ、食事もできる古本屋は、できれば取り上げて欲しくなかった。もちろん私見だが、あの店を永福町民が多く利用してるとはとても思えなくて、単に変わってるだけだろう。
あの店を取り上げるなら、もっと放映して欲しかった店が他にあった。まあ、テレビだから、面白い内容も必要なんだろうけど、順位があるとなんだか凄いみたいに誤解してしまう。
そんなアド街ック天国に14位で取り上げられた蕎麦屋『辰巳庵』。
b0336398_1310272.jpg

典型的な街蕎麦屋だ。どこの駅にも必ずあるこの蕎麦屋さんが取り上げられるとは、商店街における政治力なのかと疑ってしまうけど、放映されてたながも蕎麦が美味しそうだったので、入ってみる。
b0336398_1310311.jpg

昨日アド街ック天国に出たからといって、混まないところが永福町民の余裕なのか、辰巳庵が有名過ぎてテレビ位では変わらないのかはわからないが、6割位の満席。全部で50人位の広さだ。
b0336398_1310426.jpg

ここは街蕎麦屋らしく、蕎麦、ウドンのメニューはフルラインナップだし、御飯物も充実している。ただし今日食べるのは、昨日放映していたながもそば。
他の人はながもそばをあんまり頼んでいない。テレビの影響を受けない永福町民を再認識。

アド街ック天国では
【一番の古株の蕎麦店。寒い時期におススメは、とろみをつけた熱々のそばつゆをたっぷりかけた”なす天あんかけ”。海藻のアカモクととろろをのせた”ながもそば”も人気】
と紹介されてた。
アカモクなのかながもなのかどっちなんだよとググると、Wikipediaではこう解説されてた。
【秋田県では「ギバサ」、山形県では「銀葉藻(ギンバソウ)」、新潟県では「長藻(ナガモ)」と呼び食用にする。】
b0336398_1310476.jpg

なるほどながもは呼び名ねと、納得してるとながも蕎麦登場。
b0336398_1310572.jpg

濃い緑色の海藻の上に、トロロが載っていた。ながもから食べてみる。
海藻と言われなければ山菜かと思うほど、食感がしっかりしている。ただ海の香りがしっかりしている。ネバネバ力も強い。これにトロロを混ぜると強力なネバ力だ。番組では、具志堅用高が【もずくと、どっちが美味しい?】とか言ってたが、全然違う味覚だ。視聴者に誤解を与えるコメントだ。
b0336398_1310623.jpg

このネバネバと蕎麦を一緒に頂くと、蕎麦の風味と海の香りと山の香りがネバネバで一緒になる。
身体に良さそうだし見た目よりボリュームがある。ネバネバのせいかもしれない。
この蕎麦屋さんは毎日の様に前を通るけど、年に数回いくか、いかないかの店だったがながもそばは食べられて良かった。アド街ック天国に感謝しなくては

会計 1050円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-01 13:12 | 蕎麦屋 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 24日

西永福でミニフレンチ

b0336398_1419466.jpg

方南通りと井の頭通りの交差点のそばにある小さな小さなフランス料理店『プティコトン』
典型的な住宅地型フランス料理店だ。
b0336398_1418578.jpg

若いご夫婦がやってるお店で、外から見た通り小さい。全部で20人も入ればいっぱいだ。
b0336398_14185835.jpg

土曜日のランチタイムたがらか、熟年夫婦のお客様が3組程入ってる。
なんとなく落ち着く店づくりがされている。
b0336398_14185949.jpg

ランチメニューはグレード的に3種類、それぞれのグレードで肉、魚が選択できる。
一番安い Aランチでも1400円する。
迷わずAランチ 肉料理の山形豚の肩ロースのソテーを選ぶ。
カウンター越しにシェフが一生懸命作ってるのが見える。
b0336398_1419292.jpg

フランス料理だからか二人でやっているお店だからかわからないが、15分ほど待ってスープ登場。
b0336398_1419357.jpg

野菜のポタージュなので、色合いからしてカボチャ主体のスープだろうと思ったが、聞いてみるとジャガイモ、ニンジン、セロリ、タマネギがはいっているそうだ。ポタージュは甘くない。
野菜の味が染み込んでる。手の込んだスープだ。
b0336398_1419579.jpg

パンは温めて出てくる。バターは有料だけど。(100円)
パンをバリバリ食べているとメインディシュ登場。
b0336398_141953.jpg

綺麗な盛り付けで可愛い豚ロース登場。
豚の肩ロースにナイフを入れるとしっかりとした肉感がある。
食べてみるといい塩加減の豚ロースだ。
食べ応えのある硬さだ。
b0336398_1419789.jpg

もう少し大きくてもいいだろうと思いたくなるほど可愛いサイズだが、肉質は悪くない。付け合わせの野菜もそれぞれしっかりと調理されてる。
最後にデザートとコーヒーが出てくる。
b0336398_141971.jpg

デザートも手作りで凝ってる。
盛り付けも綺麗だ。
個人的にはボリュームには不満があるが、味とクオリティはなかなか高い。
デザートもコーヒー別と考えれば、ランチ自体は800円ぐらいだ。
そう考えるとかなりCPの高いランチかもしれない。
住宅地の熟年夫婦にはちょうどいいランチかもしれない。

会計 ランチコース 1400円
バター 100円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-01-24 14:21 | 洋食 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 10日

永福町のお惣菜屋さん頑張る

b0336398_14541758.jpg

永福町南口にある『デリカショップ ウエストリバー』20年以上ある地元のお惣菜屋さんだ。
地元の喫茶店、居酒屋が大手チェーン店に淘汰され、地元のお店がなくなっているのと同じように、お惣菜屋さんも絶滅している業種だ。
そんな中で、コンビニや大手牛丼チェーンがそばにありながら、頑張っている。
b0336398_14541880.jpg

道を挟んだトイメンには、ファミマができている。
b0336398_14542032.jpg

店内に入るとショーケースにお惣菜が並んでいる。単品でお惣菜も頼めるが、お弁当の種類は100以上ありそう。
b0336398_14542599.jpg

どのお惣菜も美味しそう。お弁当の定番フライもんもあれば、角煮なんかもある。
b0336398_14542286.jpg

b0336398_14542211.jpg

どれも手作感満載で美味しそう。
ほとんど組み合わせ自由で、お惣菜を指定するとお弁当にしてくれる。
選んだのは銀ダラのあら煮と鳥の野菜あんかけを選んだ。ご飯も選べるの十穀米をチョイス。待つこと5分程でお弁当にしてくれる。
持って帰ってお家で食べよう。久しぶりの家でのランチタイム。
帰って開けたら綺麗に盛り付けてあるお弁当だった。
b0336398_14542726.jpg

b0336398_14542835.jpg

どのおかずも美味しそう。
鯖から食べる。味噌の加減がちょうどいい。お弁当のおかずというよりは、ちゃんとした小料理屋のメニューの様だ。
鳥のあんかけ煮も柔らかく煮込んでるし、味がしっかりしみ込んでいる。
b0336398_14542942.jpg

ご飯もあんまり穀類ははいっていないけど美味しい。選択したおかずではないけど、卵もよく味がしみ込んでいる。
どのおかずも丁寧に作ってあるし、味付けも濃くない。このお弁当を出していれば、チェーン店には負けない理由もよくわかる。

会計 712円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-01-10 14:54 | お弁当 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 13日

永福町といえば大勝軒

b0336398_1413097.jpg

永福町と言えば、駅前の並んでるラーメン屋と誰もが知ってるラーメン店『大勝軒』
b0336398_1413652.jpg

昔よりは、人気に衰えが出たような気もするが、休日のお昼時は20人位並んでいる。
昔は、平日でも人が並んでいない時間帯がなかったが、今は平日のアイドルタイムは、並ばないで入れる。
雨の日は、並んでいる人の傘が用意してあるくらい、並ぶのが普通過ぎるラーメン屋だ。
b0336398_1413220.jpg

永福町駅前の一等地にあるが、この行列ができる店であれば立地は関係ない。
以前は、この場所から変わろうとした時、嫌がらせにあったためこの場所で営業を続けてると聞いたことがある。
外で待つこと20分位で店内に入れた。
店内は全部で25席くらい入れる。
カウンターとボックスがある。
b0336398_1413797.jpg

メニューは中華そば は1種類
トッピングに焼豚、メンマが追加で頼める。
生玉子もある。これは入れるのではなくてつけて食べる用。
定番の中華麺と生卵をたのむ。
b0336398_1413537.jpg

店内は、静かなBGMが流れてるがあまり話し声は聞こえない。どのお客さんもラーメンを食べるのに必死になってる
大勝軒は、まだ一般家庭に冷蔵庫が普及する前は、'(氷夜中でもだします。起こしてください。)という看板をだしていた程、地元思いの店でもある。
待つこと10分位で、銀のお盆に乗った中華麺 生卵付き 登場
b0336398_1413395.jpg

焼豚4枚 メンマとナルトといったトッピングである。
スープを飲むと、煮干しの味が口にひろがる。イワシの煮干しを使用しているらしいが、これだけ煮干しの味がするラーメンは他にない。
b0336398_1413519.jpg

玉子をつけないと味は濃いが、癖になる味の濃さである。
玉子を付けると味はまろやかになる。
2種類のラーメンを食べてる様である。
メンマも柔らかくて、筋がない。こんなメンマはなかなか食べられない。
b0336398_1413424.jpg

このスープに御飯を入れておじやにしても絶対美味しいはず。
お土産には、その食べ方も書いてあった。
ただ麺は多い。普通のラーメンの倍はある。この量は減らすことはできない。
もっとも2人できた場合は、1個のラーメンを2人で食べるのはありなので、子供や少食のカップルは2人で1杯をシェアして食べている。
量の多さは、皆知ってきているのか、女性のお客さんでも完食している。

このラーメンは、他のラーメンと色々な意味であきらかに違う。
大勝軒が食べたくなったら、他のラーメン店では絶対満足でなきない味である。

会計1130円
評価☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-13 14:01 | ラーメン | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 12日

永福町はピザの街

b0336398_1312690.jpg

永福町とググると予測検索の1番目は、ピザとでるほどピザ店が有名である。
元々あった『ラ・ピッコラ・ターヴオラ』と井の頭通り沿いに、もう1店舗できてから、ピザの街になってしまった。
今日は、井の頭通りから1本中に入った『ラ・ピッコラ・ターヴオラ』に入る。
b0336398_1312761.jpg

ランチも予約客で一杯。夜も外に行列ができます。
店内は家族連れで一杯。
b0336398_1312887.jpg

休日のランチはピザが人気なのか
この店は店内に、直径3mくらいの石窯があることで有名。この石窯でピザを焼きます。ランチメニューはパスタもありますが、マルゲリータを頼む。
b0336398_1312945.jpg

休日はランチコースはなく、ドリンクが付く。アイスコーヒーを頼む。
石窯で焼くから、15分ほどかかる。
出てきたのは、トマトソースが海の様に広がってるマルゲリータ。
b0336398_1313124.jpg

焼き立てだから、熱い。なかなか手に持てない。30センチのピザが不均等に6つに切ってある。ワンピースを取って食べる。チーズが濃厚。モッツァレラとパルミジャーノチーズのミックスされたチーズだが、濃厚な味。

トマトソースとの相性もいい。生地も薄く、外側はモチモチしている。ワンピース食べると美味しいチーズの味が口に広がる。
b0336398_1313219.jpg

美味しいチーズを食べるためにあるピザだ。ただし、このピザだけを6ピース食べると飽きる。何人かで来て色々なピザをシェアして食べる方がいいだろう。
休日のランチとはいえ、少しランチには高いかも。

会計 1580円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-10-12 13:00 | イタリアン | Trackback | Comments(0)