ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 12日

銀座の歴史を見てきたカフェでランチ

b0336398_14141162.jpg

師走の銀座歌舞伎座周辺は、平日でも賑わっている。
b0336398_14141214.jpg

歌舞伎座の横にある銀座通りに面しているカフェ 『日東コーナー』は建物の入り口の感じから歴史を感じさせる。
b0336398_14141269.jpg

創業昭和24年の伝統のあるカフェで、ランチをする。
b0336398_14141369.jpg

店内はテーブル席で40人ほど入れる。
店全体の雰囲気が、昭和の銀座といった趣がある。アールヌーボ調で、アーチ型の天井がある。小さなバーカウンターに並んだ洋酒もお洒落だ。
b0336398_1414142.jpg

ランチメニューは、シチュー、ハンバーグ、ロールキャベツと普通の洋食メニューが並ぶ。寒いので、ビーフシチューを頼む。
b0336398_14141489.jpg

店内に大きく薩摩のポスターが貼ってある。お店の人に由来を聞くと、先代の社長が相撲の行司の30代目の式守伊之助であり、鹿児島出身だかららしい。
b0336398_14141591.jpg

ちなみに紅茶の日東とは全然関係ないそうだ。待つこと5分ほどでビーフシチュー登場。
b0336398_14141590.jpg

デザート、サラダ、シチューと彩りのいい定食だ。
シチューを食べると、牛肉がしっかり煮込まれていて、口のなかでとろける。
味は今のシチュー程甘くない。甘さが少ない分、ご飯にはあう。
b0336398_14141665.jpg

ボリューム的には少ないが、安心した食べやすい味だ。歌舞伎座を通る人たちに
、50年以上提供してきた日本の平均的なビーフシチューの味なのかもしれない。
サラダ、デザートともに大変食べやすい
ビーフシチューであった。

会計 950円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-12 14:15 | 洋食


<< 下北沢の和食といえば風神かと思...      飯田橋で質より量ならえぞ松 >>