ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 16日

八重洲で房総イタリアン

b0336398_1312090.jpg

東京駅八重洲口の八重仲ダイニング地下1階にあるイタリアンレストラン『BOSSO』。
房総の食材をふんだんに使っているから
ボッソ、覚えやすいいいネーミングだ。
b0336398_1311951.jpg

入り口は地下の飲食通路に面しているため、オープンな感じ。中が見渡せるので入りやすい。
b0336398_1312035.jpg

中はテーブル席が50席程。2人席を組み合わせて4人席にもできる構造だから、効率がいい。
b0336398_1312199.jpg

ランチメニューは、パスタ2種類か、ピザ2種類から選べる。パスタ大盛り無料
これに、サラダ、フオッカチオ、ドリンクバーがつくのだから、CPは高い。
今日選んだのは自家製なでしこポークソーセージ、春菊、モッツラァレアのピザ
b0336398_1312294.jpg

お客様はこの辺で働いているOLとサラリーマンが多い。2人で来て、パスタとピザをシェアしている人達も多く見かける。
ドリンクバーは、コーヒー、ジュースと充実している。持ち帰りもできるのが親切だ。
b0336398_131226.jpg

頼んですぐに、ランチサラダとフォッカチオが来る。ここのフォッカチオは、自家製でここで焼いているそうだ。
b0336398_1312328.jpg

サラダはドレッシングが強くないので、野菜の味がよくわかる。新鮮な房総の野菜だからか、バリバリ食べられて野菜の美味しさがよくわかる。フォッカチオもほんのり温かくて、サラダにあう。
サラダを食べてるとピザ登場
ランチのピザとは思えない豪華感がある
b0336398_1312327.jpg

ピザの生地は表面はカリッとしているが、中はモチッとしている。薄く焼いているので、モチモチ感はそれほどないが、香ばしく焼けている。
b0336398_1312486.jpg

モッツラァレアチーズがトロトロに溶けていてコクがある。ここに春菊の苦味と野菜の食感が入りや、絶妙な完成度だ。
ピザは焼く人によって、出来映えが左右されると言われるが、このピザの完成度は高い。
ピザを食べてると、店内は満席になっていく。ランチの人気店だ。
ピザの満足度も高いが、凄く混んでいて、忙しいのに店員のサービスレベルは高く、テキパキと対応している。
客をこなすという感じではなく、一人一人に丁寧に対応している。店内の飾りも可愛くて、いい雰囲気を出している
b0336398_1312491.jpg

ボリューム、味覚、サービス、雰囲気どれをとっても満足のいく店だ。

会計 1000円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-16 13:04 | イタリアン


<< 本郷三丁目でステーキハンバーグ      四ッ谷ならラテントーキョー >>