ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 23日

亀戸天神の寒空には鍋焼きうどん

b0336398_1703393.jpg

藤で有名な亀戸天神からは、スカイツリーも見えて新旧一体の高景色だ。
b0336398_170342.jpg

その亀戸天神と、スポーツの神様 香取神社の丁度間にある小さなお蕎麦屋さん『越前』でランチに決定。
周りには、鰻、鳥料理の店もあるが他の店は、あんまりぱっとしないからここに決めた。消去法で決めた店だからあまり期待しないではいる。
b0336398_1703521.jpg

表の看板には、純手打ち と書いてある。なんとなく昔の純喫茶を彷彿させる。群馬のうどんの文字にも少し惹かれた。
店内は狭い。縦に長いがせいぜい20人位?二階もあるが、使っていない。
b0336398_1703692.jpg

蕎麦屋の分類なら、街蕎麦屋だ。
高級蕎麦屋ではない。メニューも蕎麦、うどんが一通りあり、カツ丼や天丼もある。ただ外に書いてあった群馬産うどんが気になったので、鍋焼きうどんを頼むことにした。
b0336398_1703693.jpg

お店は空いてる。休日の昼時でこんなに空いてて大丈夫かなあと思うほど。
他に一組程度のお客さんしかいない。
内装はリニューアルしたのか、新しい店なのかは不明だけど新しくて綺麗。
b0336398_1703762.jpg

店内モニュメントも綺麗に並んでる。
待つこと10分くらいで鍋焼きうどん登場。
b0336398_170382.jpg

海老、鶏肉、ワカメ、オフ、かまぼこ、卵、ネギとお馴染みの具が並んでいる。
うどんから食べる。細いうどんは少し、透き通っている。スルッと口に入り、噛むとモチモチ感がある。
水沢うどんとよく似ている。お店の人に聞くと、うどん粉は水沢から取り寄せているそうで、この店の地下で打っているそうだ。
手打ちだからか、モチモチ感が強い。
b0336398_1703877.jpg

鍋焼だから、熱々だから小鉢にとって食べる。お汁の味はそれほど辛くない。関東風だが、色もそれ程濃くなく甘くはない。
柚子の香りがお汁全体に広がっている。
小鉢で卵の黄身と混ぜると、お汁がまろやかになって美味しい。
b0336398_1703940.jpg

半熟の加減が丁度よく出来上がっている。鍋焼きうどんを頼んだ時は、鍋焼きに外れ無し の言い伝え(自分で作った)を信じたのだが、なかなか予想以上に美味しい鍋焼きうどんだった。
期待しないからかもしれないが、近くにあればまた食べてもいいっていう うどんだった。
会計 1000円
評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2014-12-23 17:02 | うどん


<< 神楽坂でミシュランとんかつ      夏目漱石が愛した洋風かき揚げを... >>