人気ブログランキング |

ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 16日

飯田橋の福のれんから赤のれん

b0336398_1537471.jpg

目白通り沿いラーメン戦争の一角に陣取っているのが『赤のれん麺徳』。
赤暖簾 麺徳と書くと武将の様だ。
少し前までは、たしか福のれんだったはずだが、マーク替えをしたようだ。
b0336398_1537465.jpg

都内でも有名な銘店斑鳩と近いせいか、ランチタイムの混雑も控えめだ。
b0336398_1537572.jpg

まあ 適度に入って適度に帰って行く。
この店は、西麻布の赤のれんののれん分け(早口言葉の様な表現だ)らしい。
西麻布の赤のれんの店主のお言葉が貼り出してある。
b0336398_1537663.jpg

メニューはトンコツラーメンのトッピング選択メニュー。
b0336398_1537687.jpg

チャーシューめんをお願いした。
この店の会計システムはラーメン屋さんにしては、珍しく後会計システムだ。
先に払ったと勘違いして、帰ろうとするお客さんもいる。
ラーメン店は前会計のイメージが高いから、ついつい帰ってしまいそうになる。
b0336398_1537796.jpg

チャーシューめん登場。
チャーシューが5枚乗ってる。
スープからいただくと、トンコツラーメン特有のスープだが、他のトンコツより気持ち甘い感じもする。
ラーメンのスープの味を比較できるほど微細な味覚も記憶力もないから、当てにならないコメントだが、甘くて飲みやすいスープだ。
b0336398_1537821.jpg

麺は細麺のストレート麺。博多ラーメンらしい硬さだ。チャーシューは薄く切ってあるが、トロけるほどではない。適度な硬さを維持してある。
博多ラーメン特有の替え玉も頼む。
b0336398_1537891.jpg

この店では、高菜はサービスではないので、替え玉後にドンと入れて高菜ラーメンにはできない。チャーシューを替え玉用に取っておく必要がある。
麺、スープ、チャーシュー、どれを取っても特別に美味しいわけではないが、どれをとっても普通に美味しい。ある意味では正統派トンコツラーメンである。
都内にトンコツラーメンを初めて持ち込んだ赤のれん店主 赤坂 英晃のこだわりの伝統の味を堪能できるラーメンだ。

会計 チャーシューめん 880円
替え玉 120円

評価 ☆☆☆

by korekaratozan | 2015-02-16 15:40 | ラーメン


<< アイガーデンテラスでステーキハ...      月島でもんじゃ >>