ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 02日

謎の満席の喫茶店 樹

b0336398_15131789.jpg

飯田橋と九段下の間にある喫茶店『樹』
路地を入ったせいか近くには、蕎麦屋と中華料理店しかない。といっても5分もあるけばいくらでも食べる所はあるのだが。
b0336398_15131872.jpg

外見はちょっと洒落た可愛い喫茶店と思ったが入ってびっくり。ディープな昭和の喫茶店だった。
b0336398_15132023.jpg

喫茶店定番の雑誌スタンドもあるし、テレビも音を出して映ってる。
スタッフは夫婦ともう一人の年配のおじさんがウエイターだ。家族経営の喫茶店だからかほんわか感はある。
b0336398_15132959.jpg

昭和の香り満載というか、ここは昭和だ。当然全席喫煙可能だし、パスタではなくスパゲッティだ。
b0336398_15133186.jpg

頼んだのはドライカレー。カレーチャーハンみたいなものだろうけど定番のメニューだ。
サラダから登場。
b0336398_15133267.jpg

野菜を薄く切って市販のドレッシング。
茹でタマゴがついてて良かった。
ドライカレー登場
b0336398_15133486.jpg

出来立てのドライカレーは熱々で美味しい。もちろん味はごく一般的な想像通りの味。
b0336398_15133669.jpg

不味いわけではないが、喫茶店でよく食べる味だ。
この店に入ったのは11時40分位だったが12時になる頃一斉にお客さんが入ってきた。12時には24席満席。その後来るお客さんも何組もいたが、断っていた。
常連のお客さんも多いらしく、オーダーを通す時は【高橋さんとこサンドイッチ2つ】とか、お客さんの名前でオーダーを通していた。
3人で満席のランチタイムをさばくのだから、定食屋の様な忙しさと活気がある。常連のお客様が帰る時には【いってらっしゃい】と声をかける。さすがに来店時には【お帰りなさい】とは、言ってなかったが。
このなんの特長もない昭和の喫茶店がなぜ満席になるのかは謎である。5分も歩けばいくらでも飲食店もあるし、喫茶店もある。この喫茶店が特別な感じは何もしないのだが、この店主夫婦の家族的な雰囲気にノスタルジーを感じてズルズル来てしまうのか。
ランチの内容は何にも特筆することはなかったが満席になってからのお店の雰囲気は良かった。

会計 950円
評価 ☆☆

by korekaratozan | 2015-03-02 15:14 | カレー


<< 進化した吉池食堂      駒澤のお洒落なハンバーガーランチ >>