ツマランチ つまらないランチ報告

ktomita.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 31日

東京駅ガード下の伽羅の中華ランチ

b0336398_13484560.jpg

東京駅ガード下の店は、ディープな店、チェーン店が混在している。
大手町のサラリーマンが多い場所柄だがら大手町の駅ビルの様にお洒落な店はない。そんな中にある『伽羅』、中華料理店だ。
b0336398_13484535.jpg

12時20分までは外にウエイティングの行列ができる。
並んで入ると中は狭い。
b0336398_13484699.jpg

隣の人とのテーブルは10cm位しかない。全員相席の様なテーブルだ。
全部で30人程はいれるが、4人席、2人席を除くと社員食堂状態だ。
メニューは日替わりから、麺類、ご飯ものとある。
頼んだのは本日の定食のレバニラ定食。
b0336398_13484698.jpg

菲菜牛肝定食がレバニラ定食とは、知らなかった。
お客さんは全員サラリーマン。12時20分に行列のピークを迎えたが、40分には空席が出だし50分には、半分以上が空席になる。時間厳守な大手町のランチピークだ。
5分ほどで登場。
b0336398_13484788.jpg

見た感じ普通のレバニラ定食だ。
街の中華屋さんでよく食べる奴だ。
食べて見ると、街の中華のとは違う。
辛くて味が濃いだけのではなく、味に深みがある。街の中華屋さんのが一種類の味付けだとすると伽羅のは、3種類位の味付けで出来上がってる。
b0336398_13484723.jpg

雰囲気は社員食堂か定食屋だが、味は高級中華とも引けをとらない。味に深みがある。ただ味のこさだけで、ご飯を食べるのではなくしっかりとした中華の味がする。このガード下には並んでる店とガラガラの店の差が激しいが、この店が並ぶ理由はわかるような気がする。

会計 800円
評価 ☆☆☆☆

by korekaratozan | 2015-03-31 13:48 | 中華


<< 震災復興で頑張る石巻の蛇の目寿司      神楽坂の蕎麦とカツ丼 >>